スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

佐渡裕指揮シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2012 in 愛知

夏休みを満喫しているnoripです。昨日は待ちに待った佐渡さんのコンサートに出かけてきました。相変わらず名古屋市内は暑い!でも前日の雨で空気はさわやかです。チケット取り置きしている電気会館にもよってついでに会員になってきました。その場で20%引いてもらえて得しちゃいました☆ごひいきにさせていただきますね。


佐渡裕指揮シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2012 in 愛知

会場: 愛知県芸術劇場コンサートホール (愛知県)
公演日時: 2012年08月12日(日) START 15:00

出演者:

指揮:佐渡裕
演奏:シエナ・ウインド・オーケストラ
公演内容:

<演奏予定曲目>
J.オリヴァドゥティ:序曲「バラの謝肉祭」
P.グレインジャー:組曲「リンカンシャーの花束」
音楽のおもちゃ箱~佐渡裕のトークと音楽~
福田洋介:さくらのうた
R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」組曲


初夏のころに小澤征爾指揮のベルリオーズ作曲「幻想交響曲」のDVDを借りたが、その記念すべき初期の録音のときに楽屋に後に師事する佐渡裕と、バーンスタインが来ていたと解説にあった。演奏は驚くほど上品で透明感があって感動しながら聴いた。

佐渡さんは、小さな町の片隅のおばちゃんが毎回「題名の無い音楽会」を楽しみにしていることなど知らない。舞台に登場した姿にミーハーな部分を満足させつつ、その指揮ぶりにわくわくしながら注目した。小さなこぶしを胸に当てて伝えている。つぎには大きくタクトを横に振りぬき力強い表現を引き出す。見とれますね~~~♪





うわさで「タルカス」を演ると聞いていたが期待通りでその迫力にたまげた!最後のほうを抜粋した演奏だったが全曲ここで聞いたらすごいだろうな~♪あ、良かったらCDがありますのでどうぞ~と佐渡さんW(動画はフルオケだがシエナは吹奏楽なのでもっと迫力があるように思う)

そして、これは恒例みたいだが「マンボ」。佐渡さんはじめ全員マンボのコスチューム☆Wあの♪ウ~~~~ウッの部分をマイク片手に佐渡さんとダンサーが客席に走る!『男の声なんか聞きたくないからね~』。若い女性にマイクを向けると『♪ウ~~~~ウッ』りっぱな掛け声に大拍手~♪次は高齢の奥様にお願いできますか?と軽く確認。小さく首を立てにうなづいた。前奏が止むと『♪ウ~~~~ウッ』!!まあ~これまた立派な!WWさすが佐渡さんのコンサートですね。



あ~楽しいな~♪






そしてそしてこれも恒例みたいだが「スーザの行進」のとき佐渡さんが『楽器持ってきてる人いますか?』・・って。そんな人いるのかな?!!すると私の向かいの客席の兄ちゃんがトロンボーンを組み立て始めた!大きなバッグを持った人たちがぞろぞろ舞台にやってくる。手にした楽器はさまざま。楽団は1.5倍ぐらいに増えたW

そして私たちも佐渡さんに指揮されながら手拍子で参加♪
あ~楽しい!これウィーン・ニューイヤーコンサートを思いだす。
一人できたのがもったいなかった!みんなを誘えばよかったね~~~~☆








スポンサーサイト
米良さん以外のコンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/13 06:55

HIROSHIさん情報

◆テレビ
◇6月22日(金) 21:00~22:00 TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」
◇6月27日(水) 20:00~20:45 NHK「ためしてガッテン」


◆「お昼の名曲コンサート 第36回」
日時≫7月19日(木)開場11:00/開演11:30
会場≫愛知 豊田市コンサートホール
問い合わせ≫TEL:0565-35-8200
米良さん以外のコンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/21 08:05

華麗なるヴェネツィアの音楽

華麗なるヴェネツィアの音楽
~魅惑の芸術ー千年の都 世界遺産ヴェネツィア展に寄せて~

この甘美なキャッチフレーズに想像を掻き立てられ、
さらにチェロとピアノの演奏に誘われて出かけてきました。

ホールは私の大好きな「宗次ホール」。


img_92495_28400708_0.jpg


宗次ホールとタイアップしているお店のランチを
チケットとセットで頼めばよりお値打ちなんですよ☆
中華、和食、豆腐懐石、イタリアン、フレンチなどなど・・
この日はお隣のホテルのフレンチコースを予約。
「私たちコンサートとセットなので時間がきたら教えてね」と、
お店の人にタイムキーパーになっていただいてのんびりおしゃべり楽しめました。


プログラムはヴェネツィアの音楽なのですが、
チェリストのMCによると『探してみたが特にない!』そうでW
モンテヴェルディとヴィヴァルディなどのオペラアリア、
ベッリーニの「カプレーティ家とモンテッキ家」よりのアリアをチェロの演奏で。
(これなどはヴェネツィアの劇場で上演されているのでありですね)

各演奏ごとにヴェネツィア展で紹介されている
絵画のスライドが大きく映し出されて
気分はヴェネツィアへ飛んでいきます♪







チェロの音色は目を閉じて聞いているととても心地よい♪

歌劇「アリアンナ」より“私を死なせてください”には、
胸をえぐられるような悲しみを感じました!
ただ、このアリアその後はグダグダと
とても長いうらみつらみになるのですが(苦笑)



ご参考までに
敵将の姫アリアンナをテセオは妻にするのだが、
まわりのものから『それはまずいんじゃないの?!!』とたたかれ
やむなく孤島に姫を置き去りにして逃げてしまう。
テセオを待ち焦がれ絶望したアリアンナのアリアです。





ゆっくり余韻に浸りたかったのですがそうもいかず、
ダッシュで名古屋市博物館へ移動!!!
(15時にコンサート終了なのに博物館は17時までなんです)


~つづく~



米良さん以外のコンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/10 16:47

フィリップ・ジャルスキー・イン名古屋

~フィリップ・ジャルスキー&アンサンブル・アルタセルセ~

2011年7月28日(木) 19:00~
三井住友海上しらかわホール (名古屋)




ヴィヴァルディ・プログラム


第1部 「サクロ(神聖)」
1.モテット〈闇の恐れのあまりにも長く〉RV.629
2.ヴィオラ・ダモーレとリュートのための協奏曲 RV540
3.〈ニシ・ドミヌス〉― 主が家を建てたまわずば RV608

第2部 「プロファノ(世俗)」
4.歌劇《オルランド・フィント・パッツォ》RV.727 第1幕より アリア〈何を見るまなざしにも〉
5.歌劇《ウティカのカトーネ》RV.705 第2幕より アリア〈もしあなたの顔に吹き寄せるのを感じたなら〉
6.ヴァイオリン協奏曲 〈グロッソ・モグール〉RV.208
7.歌劇《ジュスティーノ》RV.717 第1幕より アリア〈この喜びをもって会おう〉
8.オラトリオ《勝利のユディータ》RV.644より アリア〈松明と蛇で身を護り〉


pj 002

ここ数日の名古屋は曇りがちな湿っ気の多い日々。
猛暑は一休みといったところ。

少々の観光と素晴らしい眺望のお店で楽しい昼食会を兼ねながら、
歌と音楽の話で盛り上がり、気分はコンサートへの期待感が高まってゆく!
今回もジャルスキーつながりで多くの人と語り合えたこととても楽しかった。
次もまた是非ご一緒したいですね~~~~♪


pj 005


さてコンサートは予習がとても役に立ち(嬉)
プログラムにも楽曲の紹介が親切に書かれていたので
まるで「千秋」に案内されているように聴きやすかったな~W

開場前のホール入り口で偶然アンサンブルの人たちと出会った友人が
軽くインタビューを試みたところ気さくに応じてくれた話によると
名古屋の湿気がバイオリンの響きを重くさせているらしい。
私にはもちろんかけらも分からないが東京ですでに演奏を聞いた
友人の耳には音の違いがしっかりとわかったともらしていた。

ジャルスキーは絶好調でプログラムが進むほどにコロコロになっていく。
高音から低音域までの限界を行ったりきたりそれは滑らかで
また、彼の声の美しさを鼓舞するためにあるような歌ばかりだと感じた。

どの楽曲も楽章が数曲に連なりそれぞれに小さな間があるので
ひとりふたりフライング拍手も起きたりしたが、さも有りなんと感じた。
とにかくどれも長いのよね~圧巻だったわ♪

アルタセルセの演奏にいたってはもうこれも
彼らの楽器のためだけに用意されたかのような曲ばかり。
バイオリン協奏曲ソロの超絶技巧にはこの日初めてのブラボー炸裂!
ソロから全体の演奏が加わって盛り上がっていくところも鳥肌~♪
古楽器の音色を最高に堪能させてくれた。


pj 007



終演後ロビーに用意された会場でサイン会が開かれた。

しっかり私たちと目を合わせて話してくれるのにウットリ
よくよく見れば、顔ちっちゃ~~~!ビジュアルな感想W
拍手しすぎて手のひらがこんなに真っ赤よ!と見せてあげたら
とてもおどろいて喜んでくれた・・・・ように感じた~W

米良さんの名前はご存知だったが顔も歌も知らないといわれた。
(同行した友人が聞いたところによるとW)
彼とは年代も違うけど、いつか聴いて欲しいわね~♪

<追記>
↑ジャルスキーとの会話についてはかなり早とちりの部分が多いので
詳しくはCeciliaさんのブログにてご確認をお願いします・・アセ)

pj 008



次に聴きに来るのは4回目だね?!
と言われたので来年もあるのかな~~~♪






ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆











米良さん以外のコンサート | コメント(16) | トラックバック(0) | 2011/07/29 07:13

トスティとプッチーニ

ここ数日、暑いです!

特に名古屋栄のまっぴるまは灼熱地獄と化していました。
宗次ホールでチケットを受け取りのため早めに到着。
入り口で何やら「ワゴンセール」開催中!
CDどれでも¥500ですって・・・しかも有名な名前が多い。

友人が何か選んでというので一生懸命物色していたら
ジュンジュンさん(この日のピアニスト長町さん)に遭遇!
はずかしいところをみられちゃいました~~~アセ

ランチもタイアップされているので予約しておいたお店へ。
お店、おみせ・・・高級ホテルの中でした~驚
表の喧騒とは隔絶された静かなお店。
とっても贅沢な気分♪

puccini 003





さてコンサートは。

2011年6月23日
名古屋・宗次ホール
開演13:30~


映画 プッチーニの愛人上映記念
トスティとプッチーニ
~イタリアの歌心を讃えて~


puccini 006
puccini 005


何度も声楽の演奏会に伺えば自然に覚えてしまうような
メジャーなアリアと芸術歌曲♪「お勉強」はまったく不要
詩と音楽の世界にただ酔ってれば良かったの。








「さびしいカシの木」

詩をきいているとなんとかわいそうなカシの木なんだろう!
ついには年をとって微笑んでいるだけなんて・・・涙
これってあきらめ?若いときに聞いたらどんな気持ちかな~?






ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆




米良さん以外のコンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/26 06:52
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。