スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

終戦のエンペラー


「終戦のエンペラー」オリジナル・サウンドトラック「終戦のエンペラー」オリジナル・サウンドトラック
(2013/07/24)
V.A.

商品詳細を見る


エンディングロールに米良さんの歌が流れると云うことで観て来ました。

戦争を知らない世代の私たちは東京大空襲の焼け野原を様々な映画ドラマドキュメンタリで見て知っている。が、この映画はアメリカ映画であるということが異質。原作は映画の中の主要人物の家族。かなり真実に沿っているのでしょう。マッカーサーよく似ていましたWそして天皇の気品!歌舞伎役者ならではの出せる味かな・・と。世界が驚く復興を遂げたのもこういう影の駆け引きがあったのか感謝☆

そして静寂。静かに流れるエンドロール。
ゆっくり始まる「Can You Hear?」あ~米良さんの声♪え、ここでおしまい?
スローテンポで始まりアップテンポに切り替わることなく終了。そりゃ無いよ

スポンサーサイト
映画鑑賞 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2013/08/26 23:40

ツナグ・最上のわざ





友人は松坂桃李(なんと読むのかな?)が好きだからW
私は友人に誘われたからと、軽い気持ちで見たけれどW

亡くなった人に一人だけしかも一度きり会えるとしたら
誰に会いたいですか?う~ん、思いつきませんが。
そのセッティングをするのが「ツナグ」報酬は無し。

樹木希林さんの味わいがよくて映画を深くしている。

最上のわざ

この世の最上のわざは何?
楽しい心で年をとり、
働きたいけれども休み、
しゃべりたいけれども黙り、
失望しそうなときに希望し、
従順に、平静に、おのれの十字架をになう--。
若者が元気いっぱいで神の道をあゆむのを見ても、ねたまず、
人のために働くよりも、けんきょに人の世話になり、
弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること--。
老いの重荷は神の賜物。

なんだろう?と調べてみたら
『上智大学学長も務めたヘルマン・ホイヴェルス神父(1890-1977)が、
ドイツに帰国後、南ドイツの友人から贈られた詩。』だそう。
くわしくはこちら詩の続きもあります。


彼女は重い体を引きずりながらこの詩を口ずさみ
美味しい食卓を整える。それがまた素直に染みる。
詩の世界を眺めるような映画だった。

人とのかかわり悔いのないように
大切なことはきちんと伝えよう!
明日があるなんて思っちゃいけない・・。
映画鑑賞 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/10/19 10:26

「僕のピアノコンチェルト」

41rGTc7u5eL.jpg



試聴できます。

天才ピアノ少年が、周囲の期待を受けながらも、
自分自身の道を進んでいく姿を描いた感動ドラマ。
実際の天才ピアニスト、
テオ・ゲオルギューが演じる主人公の演奏に注目。
(Movie Walkerより)


さわやかな感動が残った。

これだけの天才児だから周りとうまくいかないのも仕方がない。
おじいちゃんと作ったイカロスの翼で飛び…落下
その結果人並みはずれたIQを失う。

天才は生き方も天才だった!!


ラストのピアノも秀逸♪
驚いたことに本人が実際に演奏している。
さらに彼は15歳でデビューした実際の天才ピアニスト!
映画鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/09/10 07:20

「ツーリスト」

337899_001_20110310073125.jpg


米良さんのコンサートの予定のないときの隙間を埋めてくれるもの多々あります。
好きな俳優さんの映画を追っかけるのもその一つ。
友人と待ち合わせ、時間までMでハンバーガーとサラダとコーヒーのランチ
を食べながら、お互いの近況に話が弾みます。
(これはこれで楽しい♪)

《ツーリスト》 観てきました~


見終わった瞬間

『え、どうなってるの?』、が友人の感想。
『・・だと思った~~!WW』、と私。
どのあたりで気がついたかと言えば、
彼女は最初から知っていたのかな~?
いやいや最後の最後に分かったのかな~?
ネタバレするので歯切れが悪くてすみません。

アンジェリーナ・ジョリーの形のいい唇が印象的でした。
そして、笑顔も最初はぎこちないしがない教師が
どんどんかっこよく思えてくるのはジョニー・デップだからよね!

ティモシー・ダルトンの美しい目は今なお健在。
(007のボンドだったの)見られてうれしい。

もう一つの見所は「ヴェニス」の美しさ!
明るいオレンジ色のレンガの屋根と白い壁
同じ彩の家々が細かく密接して立っているさまは美しい。

それとなんと言っても水の都「ヴェニス」
観光用のゴンドラの装飾や形も魅力的。独特の形の橋もタップリ!
それらが映画の中に随所に使われていてツーリストになった気分でした。

映画って本当に楽しいですね~~♪


夕方はダーリンやmagoたちと会食!
翌日(今日ですが)卒業式に披露する歌と踊りを見せてくれました。
AKBとやらの「ありがとう」だそうWこのあたりは分かりません。W
卒業生のみなさん喜んでくれるかな?








映画鑑賞 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/03/10 07:32

愛と青春の宝塚

「愛と青春の宝塚」を観てきました。

Livespire「愛と青春の宝塚
Live(ライブイベント)をInspire(鼓舞・刺激)するという意味の“Livespire(ライブスパイア)”は、オペラやミュージカルなどの舞台芸術やスポーツ、音楽イベントなど国内外の良質なライブエンタテインメントをデジタルシネマ作品として配給。ライブの感動・刺激・快感を映画館で多くの人に楽しんでいただける全く新しいエンタテインメントサービスです。(ソニーHP)

ダブルキャストで上映されますが、今日はリュータン(紫吹 淳)、タッチー(彩輝なお)、トモ(星奈優里)、ベニ(紫城るい)でした。

続きを読む
映画鑑賞 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2009/09/10 22:07
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。