スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

映画とコンサート



スイーツタイムコンサート
トスティとプッチーニ ーイタリアの歌心を讃えてー
映画「プッチーニの愛人」上映記念


映画とコンサート両方楽しめます。
しかもピアノはジュンジュンさん!
素晴らしい歌とピアノに聞き惚れた後は
おいしいスイーツタイムが待っています。
こんな音楽鑑賞!溜まりませんね♪





ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆


スポンサーサイト
コンサートのお知らせ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/05/28 08:47

横浜みなとみらい

yokohama 011


~画像はすべてクリックすると大きくなります~

新横浜から横浜線に乗り「桜木町駅」で降りる。
駅前から目の前に長く伸びる一本の道
やや上り勾配を上がると動く歩道になる。

やがて道はビルの中へ入っていくつもの大きなビル郡を貫く。
まるでみたらしのようにビルが串刺しになっているよう
半月のビル手前の背の低いのがみなとみらいホール。





入り口でチケットを切ってもらいパンフを受け取る。
歩き出したところではらりと一枚が床に落ちた。
どうも米良さんのらしい・・まあ何枚もあるからいいか~~
なにげに他の方が手にしているのをを見たら
新しい写真のパンフじゃないですか~~~~!!

yokohama 019

あわててもう一部いただきに走りました!






ブルーノートではなぜか長町さんが塩入さんに交代になっていたので
きょうはどなたのピアノになるのか少々気になっていたところ。
パンフの紹介は「長町さん」になっていてホッと・・・。

yokohama 020







2011年5月25日(水) 午後1時30分


横浜みなとみらいホール
みなとみらいアフタヌーンコンサート2011前期
米良美一リサイタル

ピアノ:長町順史

無題







米良さんの衣装はピ~ンクのレースのカーテンにW赤い花が頭に。
後半は白地に縦じまのカラフルなあれね♪







″彼はひそかに隠れるように行く”しっかり確認してきました。

you tube 「1,07」から注目してくださいね。
この動画のように米良さんも威厳を持って右へ左へ歩いて
オペラのワンシーンのように歌われました。






第3幕4場のアリア 「そよ風よ、ああどうか(Aure, deh, per pieta)」
これもいつか聴きたいですね♪

『第8回古楽コンクールの受賞曲

ヘンデル 「ジュリアス・シーザー」
第3幕第4場 チェザーレのアッコンパニャートとアリア

バッハ 「マタイ受難曲」
第2部第39曲(新全集のナンバー)

ですって!古楽雑誌「アントレ」のからのご解答です。
まさかこんなに迅速な対応をしていただくとは、感謝です。
バックナンバーも充実していて、米良さんご登場の号もあります。
ご解答は№59から頂きました。 』 ツワモノ?さんのコメより転載。

ツワモノ?さんの熱心な知的好奇心により
米良さんの受賞曲であることが分かりました。
古楽雑誌「アントレ」さまにも感謝です。

それからこの動画を教えてくださったgalahadさま多謝です。


過密なスケジュールのはずなのに声が疲れていないのはさすがです。
余談ですが、私などは先日カラオケで数曲歌ったのですが
まだ少し声がしわがれています。比べる次元が違いますねW


新たな発見!!

今回のチケットは一般発売に先んじて相当売られていたようで
私たちが買える頃にはファンの良席は残っていませんでした。
なので珍しく10列目のほぼ端っこです。
米良さんのお姿は前列の頭に阻まれよく見えませんでした。
そのせいで歌に集中できた!貴重な体験です。W
いつもはお顔に気をとられあんまり聞いていなかったみたいW

前半は硬派なクラシック。
後半は童謡、昭和歌謡とぐっとくだけて
もう少しテンポのいい歌も入れて欲しいかな?
ゆっくりなのが続くと睡魔が~~~~!
(前列の人が寝てくれたので見晴らしは良くなったW)

金太郎さえも5月人形のように見えたのは
ジュンジュンさんのピアノのせいかもしれません。
アラベスク聞き惚れました。素晴らしいですね。

《アンコール》
伊勢崎町ブルース
・・・・・(たしかあったはず・・忘却)
よいとまけ

全員で「ふるさと」合唱、米良さんはハモリ♪
この歌ってなぜか涙が出てきます。







ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆






米良美一コンサート | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/05/26 22:19

名古屋ブルーノート

~少し追記があります~


JR名古屋駅前の広場には噴水のようなモニュメントがある。
じっさい、数年前までは高らかに水を噴き上げる噴水があった。
客待ちをするタクシーに乗り込み「ブルーノート」と告げる。
思ったとおり、運転手は場所を知らなかった。
最近は勉強不足な人が多いな~と嘆きつつも
やさしく道案内をする。
(写真をクリックすると大きくなります)

nagoya 003


街はそろそろ夕方の混雑が始まって車が増えてきた。
道行く人もやや急ぎ足。陽は・・・まだ高い。
「当日券あります」。みなさ~ん!ご一緒にいかがですか?


2011年5月17日(火) 


名古屋ブルーノート
SPECIAL STAGE
米良美一

ピアノ:塩入俊哉


1st
開場17:30
開演18:30

2nd
開場20:30
開演21:15




ピアノソロ・・・どんな曲だか忘れちゃった。

喝采
君待てども
港が見える丘
つぐない
一人静か
わすれな草をあなたに

1st・追憶のオペラ ピアノソロ
2nd・ラストコール~記憶を消して ピアノソロ

港町ブルース
伊勢佐木町ブルース
カスバの女
こんな女に誰がした
赤いハンカチ
君こそわが命

《アンコール》

ありのままで(2ndのみ)
もののけ姫
ヨイトマケの唄



nagoya 004

このライブハウスではアーティストプロデュースのカクテルが饗される。
米良さんのカクテルは「ジャパネスク・ニッポン」。¥800なり。
今、日本は大変なときだから皆してこの日本を応援しよう!
そんなメッセージをこめられたそうです。
歌もその思いを込めた「昭和歌謡」

古きよき日本を見直そう♪

nagoya 010

ワンプレートの洋食、私にはかなりボリューミー
ディナーなのにこのお値段(¥2000)はお値打ち。
和食もあってそちらは¥300増しですがローストビーフが豪華でした。

食べて飲んで笑ってしゃべって~~開演のブザーが鳴りましたよ。




米良さんのMCの間中
塩入さんの控えめなピアノ伴奏が寄り添って
あったか~い空間が生まれていました。

塩入さんは以前は前髪をたらしていらっしゃったと思うのですが
やわらかく「オールバック」にされてお顔も面長に見えます。
意外と背が高かったのが新鮮な驚き!今宵は(も?)セクシーでした。




米良さんの衣装は前半はエンジのお着物に同系色の「花」を頭に。
上前が三段重ねになって華やかさがあったわね~
帯は「金のしゃちほこ」をイメージして金ぴかでした!
後半は縦じまのスーツ。最近は色違いでこういうの多いですね。

さて歌はどれもこれも米良ワールド満載なものばかりですが
とくにこれ気に入った~!なんて物をご紹介。


《カスバの女》

白地に赤青ピンクの縦じまの派手なスーツに赤い羽根のストールからませ
『かわいい~!』の黄色い声に思わず照れ笑い。でもうれしそうW
『私のお店へようこそ!』、これで一瞬に地のはてアルジェリアの場末のバーに。

前奏はハバネラとはいかなかったけど(ジュンジュンじゃないし・・)
派手さを抑えたアンニュイなテンポの少し寂しいカスバの女

場末のけだるさ漂う歌姫が現れ、
私にむかって大きく右手を差し出して

唄ってあげましょ わたしでよけりゃ ♪

などと歌われると、もう~うっとり~
(私に歌ってくれているのよね?!うれしい!)
・・・と誰もが思ったことでしょう(笑)



《港町ブルース》

港~、宮古 釜石 気仙沼~~♪
とにかく私の知らない歌が多くて(苦笑)
この歌の歌詞も知らなかったのでコノフレーズを聞いたときには
(あれ?ひょっとしてアドリブ?)と一瞬ドキッと思ってしまった!

なかなか進まない復興に私たちが忘れないように歌われたのね。


《追憶のオペラ》

塩入さんの解説です。
珍しく長く話してくださいました(笑)

『オペラ歌手の夫は戦争に取られ死んでしまいます。
残された息子は大きくなってやがてオペラ歌手になって大きな舞台で歌います。
あなたの息子が見えますか?
歌が聞こえますか?
妻が空に向かって問いかける歌です』

こうして文字に書いてしまうとやけにあっさりしていますが(アセ)
塩入さんの話し方は朴訥としてしんみりきます。(ほめてるんですよ)
素晴らしいピアノソロです♪


sioiri 001udon

このCDに収録されています。
気になる方はぜひお求めくださいね♪

こちらで歌詞が紹介されています。
CDもそのサイトから購入できます。


しかし、今回は1stはかなり埋まっていたけど。2ndは空席が多かった。
告知されてから日がなかったと言うのもあるのでしょうね。
それと夜更かしする習慣もちかごろは少ないかもしれない。



ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆


米良美一コンサート | コメント(10) | トラックバック(0) | 2011/05/20 23:58

ヤングコーン

syun 004



みずみずしさに惹かれてつい買ってきた。
缶詰のものしか食べたこと無かったけど
生のものを電子レンジでチ~~~~ンして
(このとき最後の皮を一枚残すのがコツ)
マヨネーズでパクリ!
(マヨネーズはキューピー)

んまい~♪





ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆


日記 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/05/14 08:25

東京オペラシティ

sinjyuku 004

sinjyuku 013


2011年5月4日(水) 


東京オペラシティコンサートホール
クラブツーリズム貸切公演
米良美一 心のうたコンサート

■開演:13:30

しあわせの窓(中田喜直)
君を愛す(H.Cアンデルセン詞)
彼はひそかに隠れるように行く

アラベスク第一番 ピアノ独奏

聖なる都
アメイジンググレイス
この重荷を降ろしたら
アシタカセッキ~もののけ姫

《休憩》

サッちゃん
ぞうさん
夏は来ぬ

ひまわり娘 ピアノ独奏

四季の歌
カスバの女
星の流れに
赤いハンカチ
寒い朝
小さな部屋で
見上げてごらん夜の星を

《アンコール》

遠くへ行きたい
よいとまけ





愛知の有力紙の紙面を開けば必ず目にする
少々高級な旅の情報広告「クラブツーリズム」
その顧客を対象にした貸切公演でした。
米良組としてチケットを入手できたのはうれしいことです。

「米良美一」を楽しみに来たお客さまが大多数!
彼をはじめて知った私がそうだったように
クラシックを聴きにこられたわけじゃないと思いました(笑)

オペラアリアなどは静かな反応だったのに比べ
後半の日本歌曲、昭和歌謡は受けましたね~
「よいとまけ」などはお祭騒ぎのような拍手喝さい!

武満メモリアルと冠したコンサートホールで
違和感なく「金太郎」でいられたようです。
クマに乗ってこられたらどうしよう!と思っていたけど
マサカリかついで徒歩だったのでホッとしました(笑)

米良さんのように有名になってしまわれると
クラシックだけのファンの他に米良さんファンが多いので
プログラムには苦労されるのでしょうね。

ハバネラを伴奏に効かせた「カスバの女」
米良美一の世界を短い時間で凝縮して魅せてくれました。
昭和歌謡は私にさえ古いけれど、独特のこうした表現で
「今」に新しい歌曲に生まれ変わります。

アンコールは「クラブツーリズム」さんに敬意を表して
「遠くへ行きたい」でした。
みなさ~んどんどんお出かけしてくださいね~(米良さん)
行きま~~~~す(私)調子に乗って大声出しちゃった~W

そうそう生まれて初めて「ブラヴォー!」を2連発も。
いつもお堅い私をもさえもはしゃがせる雰囲気でしたね。
『楽しんでくださっていることがよく分かりましたよ』
と、言われてしまいました~~~アセ


sinjyuku 006


sinjyuku 008





ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆




米良美一コンサート | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/05/08 07:30

PC入院しました

img_92495_24347742_2.jpg 

この人はいたずらな春風になぶられながら
オカリナの音色に耳を澄まし
どこを見ているのかしら?



PC入院しました~~~
少しの間お休みします(´Д`。)
レポはしばらくお待ちくださいね。





日記 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/05/06 18:00

黄砂と夕日

yuuhi.jpg


黄砂の向こうに大きな夕日





ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆



日記 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/05/03 09:01
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。