スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

名曲集Vol.1・近日発売

名曲集 Vol.1名曲集 Vol.1
(2012/02/29)
米良美一

商品詳細を見る



うう・・まぶしいお姿~~~~
2月29日発売ですね☆
Vol.1ってことは2もあるのでしょうか?
スポンサーサイト
音楽鑑賞 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2012/02/21 07:25

「ファイト!みやざきコンサート」

平成24年1月20日(金)宮崎市民文化ホールにて収録
 歌を通じて命の大切さとふるさとへの思い、未来への希望を伝えます。
 出演 井手綾香、秦 基博、南こうせつ、米良美一


「ファイト!みやざきコンサート」



宮崎は次から次と災害疫病が襲ってこれでもか!
というほどに被害をこうむってきました。
東北震災の影でともすれば私たちは忘れてしまいそうになりますが、
現在も立ち直ろうとがんばっていらっしゃる方々がいることを
しっかり伝えてくれました。


♪復興応援ソング・輝く海
井手綾香さんが地元の畜産や農家の方にお話しをうかがって
詩を書かれた応援歌にはTVのこちらの私まで勇気付けられました。
これから大切に歌い続けていかれるそうです。




そして昨年NHK全国合唱コンクール金賞の
宮崎学園高等学校合唱部の若い力も素晴らしい!
南こうせつさんがおっしゃったように
『若い面構えはほんとうにいい!!』





米良さんはフェニックスハネムーンとヨイトマケを歌われました。
もう一度ハネムーンしたくなりますね♪
2分50秒くらいから歌が聴けます。

オープニングでは金ぴかの着物に金ぴかの花をつけて登場。
1曲目を歌われるときには赤と黒の市松模様でした。
フィナーレは黒字に大きな水玉模様のスーツで、
会場にどよめきが沸きましたよWW
オンエア情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/02/20 08:18

忘れ物




~忘れ物~

ランチのお店に忘れたけど無事に取りおいてあった!
・・・のはいいんだけど・・・・
あなた見たでしょ?見たわね?フフンと一瞬笑ったような(被害者意識?)・・WWW





matiuke.jpg
米良美一雑感 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/02/15 19:11

ヴェネツィア展・名古屋

フランスへ行きたしと思えども
フランスは余りに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅にいでてみん
(萩原朔太郎)

などと歌にもあるように
日本の片隅に住み小さなお店を往復するだけの私に
ヴェネツィアまで行けるような暇と金も無く
せめては絵画でも眺めてかの国を旅しよう!



venezia 007


名古屋市博物館の玄関への通路に置かれたこの絵は、
ヴェネツィアの守護聖人サン・マルコのシンボル、
翼のあるライオン。この時代、様々な国が守護聖人を求めて
それぞれにふさわしいものを見つけて象徴にしていた。

入り口を入ると最初に目に付く
かつて、オルガンの台座に飾られていた、
この絵と同じ迫力ある木造も展示されていた。
正面に対峙すると時の重みが感じられる。

中でも圧巻はヴェネツィアの景観絵画。
現在の様子が写真で合わせて展示されているのだが、
当時と変わらないものが多いことがよく分かる。

特に興味を持ったのは、
ラグーナ(潟)に浮かぶ都市全体を鳥の目線で書いた鳥瞰図。
このように見下ろす場所はどこにもないらしいこの国で
どのように書いたかは謎らしい。

こちらでいくつか紹介されているので興味のある方はどうぞ。
仙台、愛媛、京都、広島で順次開催される予定だそうです。
展示会 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/02/12 16:22

華麗なるヴェネツィアの音楽

華麗なるヴェネツィアの音楽
~魅惑の芸術ー千年の都 世界遺産ヴェネツィア展に寄せて~

この甘美なキャッチフレーズに想像を掻き立てられ、
さらにチェロとピアノの演奏に誘われて出かけてきました。

ホールは私の大好きな「宗次ホール」。


img_92495_28400708_0.jpg


宗次ホールとタイアップしているお店のランチを
チケットとセットで頼めばよりお値打ちなんですよ☆
中華、和食、豆腐懐石、イタリアン、フレンチなどなど・・
この日はお隣のホテルのフレンチコースを予約。
「私たちコンサートとセットなので時間がきたら教えてね」と、
お店の人にタイムキーパーになっていただいてのんびりおしゃべり楽しめました。


プログラムはヴェネツィアの音楽なのですが、
チェリストのMCによると『探してみたが特にない!』そうでW
モンテヴェルディとヴィヴァルディなどのオペラアリア、
ベッリーニの「カプレーティ家とモンテッキ家」よりのアリアをチェロの演奏で。
(これなどはヴェネツィアの劇場で上演されているのでありですね)

各演奏ごとにヴェネツィア展で紹介されている
絵画のスライドが大きく映し出されて
気分はヴェネツィアへ飛んでいきます♪







チェロの音色は目を閉じて聞いているととても心地よい♪

歌劇「アリアンナ」より“私を死なせてください”には、
胸をえぐられるような悲しみを感じました!
ただ、このアリアその後はグダグダと
とても長いうらみつらみになるのですが(苦笑)



ご参考までに
敵将の姫アリアンナをテセオは妻にするのだが、
まわりのものから『それはまずいんじゃないの?!!』とたたかれ
やむなく孤島に姫を置き去りにして逃げてしまう。
テセオを待ち焦がれ絶望したアリアンナのアリアです。





ゆっくり余韻に浸りたかったのですがそうもいかず、
ダッシュで名古屋市博物館へ移動!!!
(15時にコンサート終了なのに博物館は17時までなんです)


~つづく~



米良さん以外のコンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/10 16:47

近日発売☆




2月29日発売☆
米良美一雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/02/03 08:04
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。