スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ミュージカル!


東山動物園
キリン
コアラ

 

今日は最高のお天気でした。夕べから来ている「宝物」と、娘とで動物園へ。新しい靴を、頑張って履いていきました。幼稚園や学校から遠足に来ていて、思いがけず混んでいました。運動不足の私にはちょうどよい運動になりました。

太一くん


トゥーランドット←クリック

帰り道、栄で娘たちと別れ、「プレゼント」探し。買えませんでした、若い方のものはホンと難しい。ぷらぷら物色しながら、御園座に着いてしまいました。ごめんね米良さん、手ぶらかも。

以前NHKで、宮本亜門さんが紹介されてて、いちど亜門さんのミュージカルを見てみたい!と思っていました。

そしてチャンス到来、タイトルも「トゥーランドット」、そして音楽は久石譲さん、しかも特別編成のオケつきです、楽しくないはずがない。

が、しかし、チケットを買ってから気づいたんですが、「トゥーランドット姫」が「アーメイ」、歌を試聴したらやたら元気なポップス。しかもモームスの「安倍なつみさん」の名もある。なんだか場違いなのを買ってしまったかな~と、少し後悔&期待も少し。というのも、初めてなの「早乙女太一」さんを見るのは!

とても良かったです。カーテンコールはスタンディングオベーション!何度もここへは来てるけど・・見たことなかった、驚きました。安部なつみさんがキラリと光っていました、歌もとても上手、演技も心が入っていましたね。

舞台と客席の通路とを縦横無尽に使い迫力満点。進行もとてもスピードがあって、拍手のタイミングを迷うこともなく(幕があがったときだけ)、夢中に見入っているうちに、休憩。衣装も、反乱のさなかはブルー系、平和になったらがらりとピンク系とわかりやすかったです。

「早乙女太一」さんは、期待通り、初々しくてきれいでした。中盤に、上半身はだかの鞭打ちの拷問がありましたが、ファンの心理はいかに。

肝心の歌は、役者さんなのに皆さんとても上手でした。岸谷さんの歌には、気のせいか「奥居ちゃん」が入ってるようでした、プリプリのファイナルコンサート行ったのを思い出します。


劇場鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/05/16 00:40
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。