スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ロオオオ~ズ福山

’07 11月14日 米良美一チャリティーディナーリサイタル

こちらをクリック         
通常のホールと違い、米良さんとの距離がぐんと近いのでは?と期待して、遠出して出かけたリサイタル。はたして、お席は米良さんのまん前!衣擦れの音さえ妖艶に聞こえます。

ディナーは、どれも本当においしく、ドリンクもすぐ継ぎ足されて、サービス満点!テーブルを囲んだファンの方たちとの語らいにウキウキが高まります。

いよいよ米良さんの登場、深々とおじぎをします。『ロオオオオ~ズ福山の皆様、きょうはお招きありがとうございます』いきなり米良さんらしいテノールなごあいさつ?
「私を泣かせたまへ」は、絶好調の米良さんが、こうであったと思わせるような素晴らしさ。高い音も安定していたし、心が宿っていました。

しかし、すぐその後のトークでは、世直し大明神の権化のような「怒り」・・あ~米良さんそんなに怒らないで・・・祈る思いで聴きました。

京都のCTの後から今日までの間に、こんなにも心が荒れてしまう何かが起こったのでしょう。繊細な神経の天才アーティストは、徐々に自力で立ち直っていきました。歌うごとにノリノリになっていき、心から歌う事を楽しんでいるように見受けられました。凍り付いていた聴衆も、いつしか米良ワールドにどっぷりつかって、溺れそうです!

「もののけ姫」はいつもはらはらして聴きましたが、この日は進化していました。米良さんの中で昇華された、新しい「もののけ姫」でした。

今後「人・米良美一」が、喜び、悲しみ、怒りをどのように乗り越えていくのか?興味深く注目したいとおもいます。  
米良美一コンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/01/10 17:22
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。