スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

すべては・・

すべてはそこから始まっていた。

3年前、ふいに左足の膝の裏に激痛が走り、立っても座ってもいられなくなった、大晦日の前日だった。整形外科でレントゲンを撮り、診断の結果は異常なし!って、そんなわけないでしょ!鎮痛剤とシップのみの処方。しかし、いつしか激痛も忘れていた、膝にしっかり力は入らないまま。
先日八ヶ岳から帰ってきて車から降りたところ、今度は右足の甲に激痛が!見ると赤くなって腫れている。この先ドライブ旅行は出来なくなるのか?と暗い気持ちになった。

来月から忙しくなりそうなので、その前に医者で見てもらうことにした。とりあえず、近所に新しくオープンした「接骨院」へ行くことになった。ここは主人も先月くらいから通っていて、是非行けと勧められた、近いし、いいか!と行ってみた。

入ってすぐのところは待合室、隣にベッドを3台置いた診察室&処置室?となっていて、明るいオープンな造り。私の話を聞いて、先生は説明をしてくださった。「これは坐骨神経痛ですね」、ええっ!!!この正体不明の膝痛に初めて付けられた病名。「しかも、左の膝も右の甲の腫れもすべてはそこから始まっています。」


すべてはそこから・・・とは。


いまから23年前、サイクリングロードを軽く走っていた。地下道を勢いよく下って、ペダルに再び足を乗せた途端、高速回転していたペダルに右足の甲が巻き込まれて・・ありえないくらい内側に折れてしまった。そのときかかった整形外科でも、治療は「しっぷ」だけ、甲の骨は曲がったまま固まってしまった。

接骨院のY先生は、足の構造から骨の形までしっかり説明してくださり、筋肉の硬くなっているところを確認しながら揉み解してくれました。驚いたことに肩もかなりこっていたらしい。それもこれも23年前の古傷のせいだとは・・古すぎるので治りはしないけど、かなり症状を軽くすることはできるそうです。





健康 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2008/08/26 23:57
コメント
骨折はかなりあとまで影響しそう・・・・

私も3年前にキャットショー会場に入ったとたんある人の足に
ひっかかってスッテンコロリン!
右手の小指が変な形に!

でも、ジャッジのお仕事があったので無理して仕事にかかろうと
しましたが、痛くて痛くて・・・・

結局小指の付け根の複雑骨折、手術しましたがその時入れた
金属製の棒があわなくて、再度手術、なんとか右手も使えるように
なりましたが、未だに力が入らなくて不便なこと多いです。

どうかお大事にね。

骨折やねんざって素人が考えているよりもずっと後を引くようです。
知らず知らずのうちにケガをした方をかばって 体が傾いていく
らしいです。
私も右の股関節が痛くて しばらく整形外科に通って 理学療法士の
お兄さんに診てもらっていました。
弱った筋肉をピンポイントで強くする体操を教わって しばらく続けたら
本当に治りました。
が、生来のナマケモノなので治るとすぐにやめてしまい、痛みが復活。
あわてて また体操を始めています。

のりぴーさんもhikomaさんもお大事に。
痛そう~
hikomaさん
小指なんて考えただけで痛そう~
でもちゃんとした医者で良かったですね。

昔は接骨院も大した知識もなくやってたそうですから・・
外科だって今とは比べ物にならないでしょうね。

今回、こんなに体のバランスが壊れている事で、米良さんの大変さを考えました。歌うのも大変でしょうね、米良さんは強い!と思いました。

ご心配くださってありがとうございます。
hikomaさんもイソガシ過ぎるので・・気をつけてね。
のどもと過ぎれば・・
加藤さん
ありがとうございます、本当にそうですね!
どんなに辛かったか、治ると忘れてしまうんですよね。
それで前より悪化してあわてます。
健康が一番!米良さんが二番!・・むずかしいな~

接骨院のY先生は熊さんみたいな方ですが、お話も楽しくて、毎週楽しみながら通えそうです。

いまものすごく雨が降ってきました、雷も!
主人の実家の近くでは非難勧告が出たそうです。
加藤さんとこは大丈夫かしら?
>>健康が一番!米良さんが二番!・・むずかしいな~

米良さんに元気で会いに行くために健康に注意する、ではいかが?

雨、すごかったですよ。ご心配ありがとうございます。
うちは高台なのですが、下水の排水量いっぱいだったんでしょうね。
トイレからポコポコ空気が上がってきました。
逆流したらどうしよぉ?! と 心配しましたが、しばらくしたら小降りになって
おさまりました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。