スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

残るのは?

ハガキが一枚届きました。

○○株式会社(紳士服店)は、H21年2月をもって解散いたします。

28年営業したそうです、もう長いこと行っていません。
販売業に携わる身としては複雑です


いまや「もう何も信じない!!」と叫びたくなるほどの不実な業者の続出に、慣れそうになっている自分がいます。安いものを欲しがる消費者に、極限までコストダウンをして提供する量販店、いいものなんてある筈がありません。

家のお店のまわりも「安売り同業者」が乱立しています。半径300Mの間に7店舗!そのうち大型量販店は2店、大型チェーン店は1店、後継者のいない個人店が2店。りっぱな跡継ぎのいる人気店が1店・・もちろん家です(笑)

じっさい量販店はひどい!インフォームドコンセントがない!!
価格につられて行ってみると、訳もわからず高額な料金になるお店。

店員の技術を磨くこともせず、いいかげんな“もの”しか作れない、しかもクレームに対応できていない。困り果てたお客様が、当方へ来店ということもしばしばです。

私たちは、「あたりまえのこと」をしているだけ。一人一人のライフスタイルをできるだけ聞きだし、最適の商品を提案する。お客様に最適な商品はお安くないことが多い!が、なぜそれがお勧めなのかじっくり説明する。


説明しても、それだけの予算が出せない方もいらっしゃる。

「どうする?」
「しょうがないね~、ワンランク上のを使ってあげよう」
「それじゃ値段の意味がないよ」
「でも、ひどい出来上がりになるのが分かってるし」

こんな例は、そんなに数ある訳じゃないので、お人好しな販売になることも。


このところ、大型チェーン店も様々な業種で、店舗の統廃合が目立つ。かつては既存の零細な個人店を閉店廃業に追い込んだ勢いは失せて、リストラを繰り返した末の撤退である。

あとに残るのはだれか?

私たちのようにキチンと仕事しているところが残らなくて、未来はあるのか!


リニューアルのための売り尽くしセールも、あまり期待はできないだろ~な、とのんびり構えていたら意外や意外!まるで同窓会のようにお客様が大勢駆けつけてくださった!嬉しいかぎり!

「行きつけがあるっていいよ!」
「安売りがいくらあったって行く気はしないわね」
「いつもお世話になってるものご祝儀に買わせて」

ありがとうございます!!!
売り尽くしセールなのに大量追加です。




日々雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/09/18 22:47
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。