スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

初オペラ

水曜日、「HDD&DVDレコーダー」が届きました。
米良さんのメディア出演のためですけど、地デジつきでチャンネルがいっぱいです。
早速BShiに合わせてみると・・画面の下半分近くにいや~なメッセージが出てきます。とりあえず2ペーじだけメッセージを読むと30日間は無料視聴できるらしいです。



早速「視聴」してみました。


歌劇「ヘンゼルとグレーテル」   ( フンパーディンク )

グレーテル : クリスティーネ・シェーファー
ヘンゼル : アリス・クーテ
ゲルトルート : ロザリンド・プロウラウト
魔法使い : フィリップ・ラングリッジ
ペーター : アラン・ヘルド
管弦楽 : メトロポリタン歌劇場管弦楽団
指 揮 : ウラディーミル・ユロフスキ
演 出 : リチャード・ジョーンズ

[ 収録: 2008年 1月1日, メトロポリタン歌劇場 (ニューヨーク) ]
(NHK・HPより)



第1幕・・キッチン

腹ペコな2人は家のお手伝いもしないで遊び呆けています
ヘンゼルは「ズボン役」というのかな?2人とも子供になりきっています。
幕間にレポーターが「2人のお子さんがいらっしゃるということですが、今回の役作りの参考になることはありますか?」との問いに、「むしろ自分が子供の頃を思い出しました」と答えていました。豊かな子供時代がないとこうは言えませんね。

お母さんが厳しい顔をして帰ってきます、歌い方も怒っています。
あれれ?お母さんの衣装は現代の服装です。そういえば冷蔵庫もあります。

2人に激怒し森へいちごをとりに行かせる

貧しすぎて腹ペコのあの子達の口に入れてやるものもない
もういやだ!こんな人生は終わりにしたい!と大量の薬を口に含んだ直後、明るいお父さんの歌声が聞こえてきます。きょうは売り物の箒がたくさん売れたぞ!おいしい食べ物もたくさん買ってきたぞ~、おやおやこの「箒」もフローリングモップ!何やら楽しみになってきました。

2人をお化けの森へ追い出してしまったと知って、あわてて探しにいきます。


テレビとはいえ「オペラ」を見るのは初めてで、ソプラノ、アルトの応酬に睡魔が・・・
便利なワンタッチ録画を初めて使ってみました・・お~録画している!



目が覚めて再び視聴しました。


《幕間》
~オケ~
2人を捜し歩く両親の必死な心
さまよいながら、ふるえながら、お化けの森に入り込んだ兄弟の恐れ
やっとたどりついた森のキッチン

そんなものがストレートに表現されていました。

オケの合間に舞台裏では大忙し!!そんな様子や出演者へのインタビューがあって、テレビならではの楽しみ方ですね。メーキングビデオも興味深いものでした。
2幕のために用意された豪華な料理の数々も色んなところへ発注しているそうです。



第2幕・・森の部屋

ヘンゼルとゲレーテルは疲れ果てて眠ってしまいます
正装をした森の木が2人を取り囲んでいます
森の奥から、やせて腰の曲がった「眠りの精」:サシャ・クーク ソプラノ?
が現れます。みんなの頭上に金粉?をふりかけて「おねむり~」と歌います。一瞬カウンターテナーかと思いましたが分かりません。姿は美しくないけれど、米良さんにお似合いな役。

子供たちは眠ります。

扉が開き、大顔の料理人(メーキングビデオでは肉襦袢をつけ、大きなコックさんの帽子がポイントと言っていました。)が10人ほどぞろぞろ現れます。なが~いテーブルに蜀台を並べ、豪華なお菓子、夢のような料理が次々並びます。

正装する2人、ヘンゼルは上着をつけ、グレーテルはサーモンピンクのドレス
夢の食卓のはじまり、リアルなまずのウェーターもメイクです。かぶりものもしています。

食べだす2人・・
黒い森のケーキ、山盛りのシュークリーム、ライスプディング
いざ食べようとするとき、いきなり幕がおります。
いつしか眠っています。


《幕間》
~オケ~
鳥の声・・1羽2羽・・どんどんふえる・・夜が明ける
とても分かりやすいオケでした。


第3幕・・魔女のキッチン


再び幕が開いたとき・・お菓子の家が目の前に!中には大勢の子供たち
魔女に手をつかまれ家の中に引き入れられます
この魔女はおじさんでした。なかなかのおばさんぶり・・
垂れ下がった胸、がに股の足、コミカルな魔女です。
最後は2人を心配して疲れ果てた両親と再会、めでたしめでたし・・とおなじみのストーリー

オペラとミュージカルとどう違うの?
セリフが全部「歌」しかも大抵ソプラノ・メゾ・・これは疲れました。ただ、セットとか出演者の衣装メイクには楽しませられました。こうした分かりやすいストーリー(はっきりいって会場には子供も多くいました)ならたまにはいいかもです。



音楽鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/10/10 22:21
コメント

管理者のみに表示
« 宿題 | HOME | あこがれ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。