スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

音楽な夜

聴衆と演奏者がともに盛り上がった楽しい夜でした。
男女共にお若い人が多く感じられました。
そして、音楽が好きな年配のご婦人たちも多かったです。
皆さんどこから情報を得て来られたのでしょうか?


宗次ホールは繁華街のど・真ん中に位置し、通りからほんの少し入った路地に面した建物です。1階は小さな事務所、螺旋階段のような急な階段を上がると小さなロビーがあります。扉ひとつ隔てただけのホールは、白一色。舞台いっぱいに位置する黒いピアノ。いいな~こんなこじんまりしたホール。お席について不満を述べていましたが、ここなら端っこだろうが一番後ろだろうが関係なし!でした。



 【フィリップ・ジャルスキー リサイタル】

 
’08年11月12日(水) 18:30~ 宗次ホール(名古屋)

IMG_1555munetugu.jpg  
 
おじぎがとてもかわいらしい!体を2つ折にして、ふわりと手を上から下ろし体の前で重ね合わせます。フランスではおじぎはしないのかしら?

米良さん以外のCTは初めてなので本当に楽しみでした。
 
初めは、少し歌い方が硬いなと思いましたが、「魔王」では本領発揮かなと思えるできばえ。
「ソンブレロ」にいたっては米良さんの「かんぴょう」に匹敵するコミカルさ。
どんどんノリノリになっていく様子が手にとるように分かります。
手の使い方も大きくゆったりとなって・・彼が楽しんでいる!そう感じました。
何曲かでなさった、デュクロさんの鍵盤を上から大きく叩く終わり方は、「今のは最高だったよ!」と言っているようです。

伸びやかな美しい声でした。強い高音もいいですが、やさしく長く伸ばす高音の艶っぽさに聞き惚れました。一瞬聴こえた低音に、”出るのね”、他のジャンルの歌も聴いてみたくなりました。
 
さっぱり分からない歌でしたが、アンコールの3曲は最高!でした。
1曲目を終えたとき、お隣のご夫人が「これはフランスの歌謡曲のようなものですか?」と言われるほどの親しみやすさでした。クラシックを広めるには大切な要素でしょう。お勉強をして行かなくても、充分「伝わる」歌でしたね。

IMG_1556munetugu.jpg
 
あ~いい夜でした。ツーショット写真まで撮っていただきました。
なぜか、DVDを買ってしまいました。(笑)
来年も来日されるようですので再会が楽しみです。


追記
ブログの更新が遅いので、お待ちかねの方から催促がありました。
遅い理由を述べますと・・夕べは寝てしまったの!・・風邪薬を飲んでいたので。
で、今朝もけさとて寝すぎまして、お店は忙しいし(ありがたい)、ご心配をおかけしました。
でも何が心配だったのかしら?まさか私が米良さんをやめてフィル君の信徒になるなどと?
大丈夫!愛はたくさんありますから。それにフランスは遠すぎる!!




音楽鑑賞 | コメント(15) | トラックバック(1) | 2008/11/13 21:56
コメント
TBさせていただきました。
素晴らしかったですね~!
昨日のことを思い出しながら一日を過ごしていました。
米良さんも好きですが彼も好きです。
比較は(したいけれど)しません。
米良さんには米良さんの、ジャルスキーにはジャルスキーの良さがあります。
ジャルスキーが細かい音符を歌う時のあちこちに動く顔がまたたまりません!
アンコール
たいていのコンサートで、アンコールって演奏者本人も本編以上にノってるし、聴衆も沸きに沸きますが、昨夜もそうだと思いました。

昨夜のアンコールの3曲は、下記の通りです。

・ ポーリーヌ・ヴィアルド作 "Havanaise"
・ ハビエル・モンサルバーチェ作 "Cancion de cuna"
・ ガブリエル・デュポン作 "Mandoline"

1曲目の作者、ポーリーヌ・ヴィアルドは有名な音楽一族出身の声楽家、兼、女性作曲家で、お姉さんは伝説の名歌手、マリア・マリブランです。東京のリサイタルでもアンコール1曲目はこれだったのですが、ジャルスキーの声質によく合っていて夢のような美しさですよね。実はジャルスキーは別のリサイタルでもこの曲を歌っていて、あまりにも美しいのでさんざん楽譜を探した挙句、この1曲だけのために楽譜集をまるまる1冊、買ってしまいました。

↓ こちらで音声だけ聞けますよ。
http://jp.youtube.com/watch?v=-jFT_Y_-f8k
初めてお邪魔します♪
のりぴーさん、こんにちは。
こんな素敵なブログ作っていらしたんですね!

気さくなお人柄もあって、お陰様でよりリサイタルを楽しむことが出来ました♪
ありがとうございました(^-^)

本当に素敵なリサイタルでした。
まだ余韻に浸っています。

来年はツアーらしいので、仙台・東京・名古屋・大阪・福岡あたりになるのかな?
名古屋の時にまたお会いできそうですね♪
今から楽しみです~~♪



至福のひとときでした。しかも特等席で。一番わかっていない私が
一番いい席で 熱いファンの皆様方になにやら申し訳ないようでした。
のりぴーさんが PJいいですよぉと教えてくださったおかげで 
こんな贅沢ができました。
二月の米良さんのコンサートで のりぴーさんにお会いできたことを
八百万の神様と米良さんに感謝。

物を買うのもいいですが、心だけに残る時間を買うってすてき。


Ceciliaさん、お会いできてうれしかったです。
今度はもっとゆっくりお話したいですね。
加藤さん、私もお会いできてうれしかったです!
又「テレプシコーラ」「ガラスの仮面」・・・のお話をしましょう。
羨ましい
ベストな状態のを聴きたかったなー(2月のBS朝日の放送は東京のですよね。宗次ホールのだったら良かったのにね)
皆さん至福にひと時を過ごされたようで良かった~
変な心配しちゃったー(「まさか私が米良さんをやめてフィル君の信徒になるなどと?」とはチト心配の意味が違いはしますが…)

来年の10月はバロックオンリーのプログラムだそうなので、絶対外せませんね。

Ceciliaさん
ホールの音響は、余分な響きがなくて素晴らしく良かったように思いましたね。
宗次ホールを大好きになりました。機会があれば、ランチコンサートをいかがですか?
か細い体のどこにあのエネルギーを蓄えてるんでしょ。
私はあのおじぎに好感が持てました。(笑)
米良さんとは比べられません。米良さんの「人」が大好きなんです。
アートで素敵なコンサートでした。
bonnjourさん
本当!私たちもですけど、ご本人が一番楽しそうに思えました。
youをありがとうございます。この1曲目は、どこかで聞いたことがあるような懐かしさですね。それともかなりメジャーで色々使われているのでしょうかしら。

"Mandoline" は、あれだけ予習したのに歌詞が聞き分けられず、お隣の方が「これは"Mandoline" よアーンでもドビュッシーでもない人の作曲ね」と教えてくださったの!さすがね。
gongon さん
コメントありがとうございます
いきなり話しかけてしまってびっくりさせましたね、ごめんなさい。
でも仮面隊にいきなり会えてしまって嬉しかったんですよ~
しかも、と・な・り、なんてね。

>名古屋の時にまたお会いできそうですね♪
楽しみにお待ちします。
芸術はよく「名古屋とばし」があるので、そうならないように祈ります。
加藤さん
「特等席」でしたね、うらやましい。
フィル君の視線は真ん中に行く事が多かった気が・・(妬み)

私も加藤さんとお知り合いになれてうれしいです。
誤解のないように申し上げますが、誰にでも声はかけません!
加藤さんとは気が合いそうだったのよ。
これからもよろしくお願いします。
お帰り~猫‥さん
ご心配をお掛けしました。
余韻に浸ってホーっとしてた、というのもありますが。
東京では調子がイマイチで残念でしたね。
名古屋では時差ぼけも治ってノリノリでした。

>2月のBS朝日の放送は・・
意外と早いですね!BS朝日もそのへんを考慮してくれるといいな~。

バロックは、これまた楽しみですね~。
>>誤解のないように申し上げますが、誰にでも声はかけません!
>>加藤さんとは気が合いそうだったのよ。

わぁ、うれしい
今年の我が家はいろいろ変化があって 大変でしたが
人との出会いには恵まれたいい年だったと思います。
遅れて参上いたします。

風邪で体調が悪かったのと、仕事が各種混み合っていたので
何も書けませんでしたが、東京のフィリップさん、そうですか、
体調がいまいちだったとは・・・・

残念です。

とっても期待しすぎてしまって・・・・

好感は持てましたので、次回を期待いたします。
ありがとう!
hikomaさんがCDを2枚買ってしまわれなければ、ジャルスキーとの出会いはなかったかも・・いえ無かった。名古屋は素晴らしい演奏と聴衆でした。
言葉は分からなくても通じ合えたと思います。

私も一生懸命拍手して手が真っ赤になりましたよ。

次回も一層期待できそうなプログラムです。
東京にも行っちゃうかも!!
では、次回は是非ご一緒いたしましょう。


管理者のみに表示
トラックバック
至福のひと時でした。 Philippe Jarousskyのリサイタルに行ってきました。 2年前から注目していた私。 比較的行きやすいところでの演奏会でしたし、チケット代もお手ごろだった(でも安くはないです。)のですぐに行くことを決めました。 (同じプロモーションによる日...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。