スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

クリスマス

買い物に出たら、お店のBGMはクリスマスソング!
年々クリスマス商戦は早くなるように思う。
この人は、彼女にバッグを買ってあげた。
好きな人に「してあげる」のは至上の喜びだ。


鎮魂歌

僕は小学生の頃からここへ来ている。
高校生になっても、大学生になっても・・いつも静かに座って待っていた。
大学3年の春・・だったと思うが、思い切って話しかけてみた。
「あのう、お願いがあるんですが」
はい!なんでしょう?
「面接の練習をしていただけませんか?」
お2人とも驚いた顔をしていたな~、何しろろくに話したことはなかったから。
すぐににこやかな顔つきになって、「いいですよ!」と言ってくれた。

・・あなたはなぜこの会社を選びましたか?
貴社の事業方針、社会への貢献度、将来性etc.etc.
・・わが社に入社できたら何をしたいですか?
2人とも大真面目で質問してくる。僕もがんばって答えた。
質問に窮してくるとだんだん笑えるものになってきて・・一緒に大笑い。
なんだか受かる気がしてきた。

面接の練習の甲斐があってか、何社目かに合格。
ぼくは銀行マンになった。
相変わらず休日はその店に行った。
あれ以来、2人とは仲良くなって、よく話を聞いてもらった。

あるとき、ぼくが商品を選んでいたら
「ねえ、お若い人、私これ似合うかしら?」
よくお似合いですよ。実際似合っていた。
ぼ、僕のは?似合ってますか?
「あら~いいわ~似合ってますよ」
相手は年配の女性だったけど、僕らは盛り上がって、決めた!

銀行の新入はつらいけど、好きな子ができた。
毎週とはいかなかったけど・・デートした。

クリスマス!ボーナスはたいて、欲しがっていたバッグを買った。
彼女にはこれまでもたくさんプレゼントした。
その内では一番高いものだ。

***********************

彼女と会えなくなった。
仕事もつらい。僕に合っていると思われなかった。

**********************

歩いていたらふいに記憶がなくなって・・
いつもの、このソファに座っていた。
奥さんが話している。
「あの子最近見ないと思ったら・・電車に轢かれたんですって!」
これを聞いて驚いた!僕はここにいるのに。
彼女は心配してるだろうな~。

ああ~でももう会社に行かなくていいんだ。
このソファが落ち着くんだ。


懐かしびと | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/11/17 00:55
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。