スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

美しい米良さん

ホームのエレベーターに乗ったら、蒲田行進曲が流れた。そう!ここはあの蒲田なのね!東京駅から程近い都心近くのコンサートホール。夕方の雑踏にまぎれて歩いて行くといきなり大きく開けた一角にりっぱな会館が出迎えてくれた。
IMG_2093natti.jpg  


ロビーに入るとナッチからの花が華やぎを添えていた。三文オペラの競演がご縁なのでしょう、うれしい限り。


米良美一 リサイタル
「世界の歌、日本の歌」

長町順史(ピアノ)

2009年6月4日(木)
大田区民ホール・アプリコ・大ホール
開演19:00~



IMG_2096apuriko.jpg


アプリコ・大ホール
建物の外観も見るからに音楽ホールを思わせる洗練されたデザインです。大ホールの内装は無垢の木です。素材は分かりませんが、少し固めの明るい桜色が年数変化で茶色味を帯びたような落ち着いた色合いです。

米良さんは少しはお休みが取れたのでは?と思われるので、新たに加わったプログラムの変更もあったのではと期待する。会場のざわめきもそのままに、特別なアナウンスもないままいきなり始まりました。

米良さんと長町さんが続いて登場!今日の米良さんの衣装は縦じまの平安貴族風のドレス。後ろ身頃の裾を長く床にたらして、美しいシルエットを描いている。盛大な拍手が波のうねりのように長く湧き起こった。 ちらっとお写真が見られます。


そして、静寂。


♪私を泣かせて
高音がすばらしく伸びている。ブレスもスムーズにつながっている。それに何より表情が美しい!十分に休養を取られた様子がよく分かる。

MC
穏やかで謙虚なものでした。こう書くと語弊がありますが(笑)、いつも聞いている私たちだからこう思うのであって、通常は気がつかれないと思います。この日の聴衆にもこのMCがあたりまえ。心地よく、笑わせたりうなづかせたり、いつのまにか米良ワールドにいざなわれている。


♪誰の祈りも聞こえなかった
アカペラのこの歌が響き渡ると1400人の聴衆は静かに耳を傾けます。歌が終わっても余韻が続いてホールはシーンとしたまま。そして、そのまま少しの間を取って、アメイジング・グレイスではピアノが優しく寄り添って、サビの高まりへと引き上げ、感動の歌唱は長く尾を引いて残り続けます。米良さんの表情が和らぐ直前のタイミングで、「ブラボー!」と一声大きくかかると、割れるような大拍手!!!(もちろんにゃんさんのブラボーです)この2曲はこれからもセットで歌って欲しい歌です。

♪秋風の中に歌う
この歌をより深く味わうために読んだ「血脈」。宿題の効果は如何に?ハチローの心の奥深くにしまわれた、言いようのない悲しさが伝わってきます。


アンコール
♪蘇州夜曲
♪神は偉大なり
♪ヨイトマケ


ああ、それにしてもなんと美しい表情なのでしょう!どのカットを切りとっても写真にとって残しておきたいほどの美しさなのです。ファンの贔屓目だけでなく、他の方々の会話からもそれが聞えてきました。

私たちのお席は、最前列と言っても舞台に向かって左端。米良さんが出入りされる度に、表情が良く見て取れます。ついしっかり観察!会場のだれかれにとも無く見つめて、うなづいて、感謝の微笑み。会場の感動を全身で感じられたのでしょうね。


よろしければクリックお願いします。












米良美一コンサート | コメント(10) | トラックバック(0) | 2009/06/05 22:12
コメント
間の余韻
こんばんは。

noripさんのため息が聞こえそうな日記、よかったようですね。

米良さんのお写真、見つけましたよ。
ありがとうございます。

最近音楽を聴いていて気になっているのは音楽が終わったときの余韻を待たずに拍手が起こること。
気持ちがはやって手をたたきたくなるのは、本当にその音楽を最後まで聞いているの?と疑いたくなる時があります。
これも表現の自由・・・・なのでしょうね。


でも米良さんのコンサートではそのようなことがなかった様子、浸りたかったです(^^)
ためいき
ひらりんさん
そう・・ためいきなの、ほ~~v-238
この夜の米良さんは何もかも美しかったです。最後のアンコールの拍手は長く続いたのに不思議な事に全然揃わなかったの(笑)それぞれがそれぞれの思いで拍手したからでしょうね。♪誰の祈りも・・のときだけはどなたのフライング拍手も無く、歌の余韻が楽しめてよかったです。
>写真
2枚見つけられました?

みとれちゃう。
>ナッチからのお花
他のブログ情報によりますと、米良さんとナッチは仲良しになって、
一緒に2回も演劇を見に行ったりしたそうですよ。
>美しい米良さん
去年の京都コンサートホールの時も本当に美しかったですよ~v-10
ねっ、りえさん。
さらにパワーアップして美しいって…。わたしには想像できないv-12
男の人は、良い仕事をしていくと実に魅力的な
良い顔になっていくと思うんです。
米良さんも例外ではないということでしょうv-8

>写真
2枚あるんですか?もう1枚が見つけられません(>_<)。

何の演劇かしら?
LEOさん
米良さんが何を観られたのか興味がありますね~。亜門さんに関係あるものかな?それとも三文の共演者に関係があるものかな?それか全然関係なく、かねてから観たかったものかしら?ナッチと仲良しなんて!そういえば「ポリー」に歌を教えていましたね(笑)
>良い顔
そう!まさに良い顔でした。
>写真
大きい姿の左の写真ですよ~~~

演劇
そのブログの情報によりますと、
大阪公演の空いた時間に演劇の勉強のため、劇団四季の「オペラ座の怪人」、劇団☆新感線の「蜉蝣峠」、蜷川さん演出の「ムサシ」を観に行ったそうです。
>米良さんとナッチは仲良しになって・・
わ!ジェラシー!恨めしやv-39

LEOさん
ホント、美しかったです~v-10


お元気そうで、よかったですv-290
行きたい!
LEOさん
くわしくありがとうございます。
・劇団四季の「オペラ座の怪人」、名古屋は8月に始まるの!行っちゃうかも。
・劇団☆新感線の「蜉蝣峠」、東京も大阪も終わってるがね・・
・蜷川さん演出の「ムサシ」、イケメンぞろい見たかった!


少し妬けるわね。
りえさん

(笑)。こうして豊かな人間関係が、歌にも良い影響を与えるのでは?と期待しています。お元気でしたよ!とっても。舞い上がっててお別れした後に気が付いたの・・「写真撮るの忘れた!」


もっと妬けちゃう話
またナッチファンの方のブログ情報によりますと、
~今やっているコンサートツアーのMCでナッチが言ってた内容~
『米良さんとナッチは共演者の中でも一番仲が良くて、終演後も一緒にお食事に行ってお話したりしてナッチはとても楽しかった。「三文オペラ」の時も、「この歌い方はこの方がいい。」などとアドバイスしてもらってお兄さんのような存在だった。』
だそうです~。羨ましい~v-395。でもナッチすごく可愛い。好きだから許します。なんてねv-8

うわ~~~
いいな~~羨ましいv-10
米良さんのお話はさぞや!面白いでしょうね!

でも
>お兄さんのような存在だった・・
それも少し残念だけど・・
だからいいよね?りえさん!




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。