スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

経営の効率化

本日は晴天に恵まれ絶好のゴルフ日和だった。

昔よく行った懐かしいコースに出かけた、私には2年ぶりのコースになる。茶店のお姉さんの話では、この「・・・ゴルフ」は出来てから17年たっているそうな。私たちが何度も通った頃は真新しくオープンしたばかりだったことになる。どうりで、クラブハウスも備品も何もかもキレイだったはずだ。その頃、ここにはキャディさんたちのために託児所も完備されていて、20代の若々しい人たちばかりだった。夫もそこが気に入っていた。家族で回るとキャディさんから「noripさま」と呼ばれ気をよくしたもの。いまではキャディさんも4人だけになったとか。
バブルがはじけてゴルフ場の会員権が激下がりしてから久しい。このコースは街中からハズレ、観光地に近いところにある。お休みをしっかりとって時間をかけて楽しむところだ。最近は高速道出口から5分の立地になって、思い立って予約を取った。コースの名前は以前のまま使っているが、経営会社は3つ変わった。


ゴルフ場のロケーションは昔と少しも変わっていなかった。ティグラウンドに立つたびにコースの様子が思い出される。「ここでよく、谷にボールが吸い込まれるように落ちたわね」、きょうも幾つも落ちました(笑)。今は「乗用カート」が常備されて、アップダウンの起伏にとんだコースでも、疲れず息切れする事も無く回れるようになった。

しかしこのコースの荒れようはどうだろう!ざっくり、クラブで芝をえぐった後には砂を入れて養生するものだが、セルフのお客が増えてそのままにされるようだ。ぞうりのような禿がいっぱいだった。肝心のグリーンも柔らかいベントの芝がぴっちり密集せず、ところどころ剥げたまま。

見る気が無くても見えてしまう建物、備品の傷み。私のお気に入りのジャグジー付の露天風呂もお湯も張られず、長く使われた形跡が無い。トイレに置かれた真新しい厚手の手拭タオルも、温風器に取って代わっていた。季節の花々は造花になっていた。

茶店で「冷やし善哉」を食べた。食した後に、「梅干ありますか?」と尋ねたら、それらの「サービス品」は新しい経営者になってからすべてなくなったんですよ、と申し訳なさそうに言われた。

以前の優雅な華やかな頃を知る私たちには物足りなく寂しい事だが良いこともある。料金が大幅に安くなった事。気軽に回れる価格で何組ものコンペが催されて賑わっていた。これで資金に余裕ができればフェアウエイももう少しマシになるかもしれない。




IMG_2130noriko.jpg

米良さんを追っかけて2年。その間一度もコースに出ていなかった。結果は推して知るべしです。ムービーも撮って再生したら、数時間前のことなのに懐かしい。My sonが何度も、「お父さ~ん、お母さ~ん」と呼んでいる。My sonの友人もにこにこして私たちのティショットを見守っている。かけがえの無い時間がそこにあった。


そうそうと頷いた方はクリックお願いします。



ゴルフ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/06/17 21:48
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。