スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

美一倶楽部通信

届きました。
この号はとくに待ち遠しかったんです。
なんたって「15周年記念コンサート」の記事が満載のはずですから・・・

期待通りでした。
まず米良さん直筆のメッセージ!
いつもながら、私たちの健康に気を配っていただく言葉から始まります。
そしてコンサートのお礼と感謝の言葉・・・。
16年目に突入ですって!
一口に15年って言っても長いですよね~~。
米良さんご自身も色々あったでしょうけど、
見つめてこられた古参のファンの方たちにも色々あった15年だと思います。

米良さんの15年の活動の数々・・・どんなでしょう?
今年の新年号には、『古い写真には切なくなるくらいしんどそうな自分とか、抜けたいのに抜けられないでいる過去の自分、そのどれもが自分なんだから否定はしません』、と書かれていましたね。第1号から新しくなる直前のまで取り寄せて読んでみたくなりました。


それとそれと・・・このコンサートのために新調された衣装の数々!
目に焼き付いているはずなのに・・こうして眺めてみると会場の雰囲気がよみがえります。
それにしてもN先生のデザインは素晴らしい!米良さんを応援し心からの愛を感じます。
どれも米良さんが自由に動き回れる着易さと、どの角度から見られても美しいフォルムです。
色使いも色白の米良さんによく似合う色ばかり!ブラボー!







米良美一雑感 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2009/11/02 23:31
コメント
確かにこの15年、いろいろありました。
やはり米良さんを知ったばかりの頃に父が57歳で亡くなったというのが大きいです。
空虚な気持ちの私は米良さんの声で癒されていましたし、他の歌声は受け付けられなかったですね~。
Cecilia さん
お父さん>ずいぶんお若かったんですね~~!お寂しいことでしたね。お気持ちお察しいたします。その時聴かれたのは米良さんのどの歌ですか?米良さんの歌なら何でも・・でしたのでしょうか・・・。
あの頃よく聴いたのは「ロマンス」と「母の唄」「聖母マリアの子守歌」「うぐひす」ですね。
Cecilia さん
再コメントありがとうございます。
どれも心にしみるものばかりですね。
とくに「ロマンス」などの選曲は・・・。

久しぶりに聴いて見たくなりました。
15年
長いような短いような…

米良さんのアルバムというか好きな曲はやはり「うぐいす」と「髪」
特に「髪」は今の米良さんの感性で聴きたいと切望しています。
きっと、きっと鳥肌ものになること間(ここ強調)違いないと確信しているので…
なんて書いたら益々聴きたくなりました。


Cecilia さんも早くにお父様亡くされたのですね。
私の父も46歳でした。
今から考えると何物にも縛られず太く短く自由な人生を謳歌した人だったなと。
ある意味羨ましいかも。





にゃんさん、私の父は私が結婚して出産した後に亡くなったのですが、にゃんさんのお父様はもっとお若い時に亡くなられたのですね。
私の父は仕事一筋でしたが、仕事を楽しんでいた人で優しかったです。
にゃんさん
15年

私はまだ40代で・・
息子も米良さんも20代で・・
娘は10代で・・

今のお店を始める間際で、仕事仕事で忙しく・・
それでもパートの身で時間は今より自由で・・
中身は今と余り変わっていなくて進歩なし!

「うぐいす」、正直最初はあまりよく聴き取れなかったCD。でも今では大のお気に入り♪今の米良さんの「うぐいす」が聴きたいね。


そうなのですね。
孫の顔見せる事が出来て何よりでした。
私の父は高3の10月に亡くなりました
八百屋だったので常に近くに居て優しかったな。
大好きな父です。

今、思ったのですが父だけを歌った唱歌や同様(四季の歌だと皆一緒)思いつかないのですが何かありますか?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。