スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

油山苑 2

バッハハウスR


バッハハウスのPスペースに車を入れて、外に降り立つといきなり米良さんの声が!
発声練習をされていました、まだ始められたばかりなのでしょう、「アアアア~」と
調子は上々のようです。

80名が仲良くくっつき合って、なんとか入れるくらいのホールでした。
最前列は、米良さんとの距離は1.3Mくらいでした。
私は中央よりやや左よりの2列目、たっぷり米良さんを見つめました。
’08 2月24日 油山苑コンサート

最初の曲は「オンブラマイフ」
次は歌劇「アルバのアスカーニオ」より
   私はいとしい人の前にて

北原さんのご紹介があり、
ホフマンの舟歌【ピアノ独奏】
この間中、米良さんは用意された椅子に掛けて鑑賞です。

「エンパイア劇場の歌姫」
米良さんにはこの歌がとてもお似合い、ご本人も楽しそうです。
色香漂う、うつくしい歌姫でした。

「エンパイア劇場の歌姫」と「元気がよすぎる男の子」
の曲のご説明の後、歌。

「米良節」はまったく無し。
休憩も無し、これはホールの形状の都合だそうです。
要するに、控えの間が2階なので、上がり降りしないと休憩できないからです。

花の街、あの子この子、まちぼうけ、もののけ姫、小さな空、かんぴょう、花

を一気に歌いきりました。

私たちに向かって剛速球が次々繰り出されるような「歌」に酔いました。
そして「愛のある米良節」

アンコール

「神は偉大なり」、私は目を閉じてじっくり味わいました。
そして2番目、実はひょっとしてこの歌を歌われるんじゃないかしら?
とひそかに期待していたその歌。

「ちゃっきり節」!ご当地ソング!
もう最高です、こういう明るい楽しい歌がとても似合っている、
ノリノリな米良さんをまた拝見できて幸せです。

そして最後はこの歌

「ヨイトマケの歌」です
この歌に入る前の「トーク」で米良さんの目に涙が・・
いつもに増して力強い「ヨイトマケの歌」でした。

プログラムはここのところ3回同じですが、でもどれも違う。
きょうは「剛速球」でしたが、「変化球」だったり、「フライ」だったりと・・
生の舞台は本当に楽しい!


米良美一コンサート | コメント(3) | トラックバック(0) | 2008/02/24 23:14
コメント
えぇえ!
「ちゃっきり節」!
米良さんのちゃっきり節なんて、さぞ楽しかったでしょうね。

発声練習まで聞けたなんて、あぁ、羨ましいわ・・・・
それに1.3メートルの近距離、きっと米良さんの香水の
香りも漂ったのでは?

バッハハウスのお写真もあって、伺えなかったけれど
今、想像して楽しんでいます。
のりぴーさん、ありがとう!
いろいろ行かれているから同じ曲でもいろいろな演奏で聴いていらっしゃるのですね。
うらやましいです。
バッハハウス
この写真を撮ったとき、バッハハウスの中で米良さんが発声しています♪聞こえますか~

管理者のみに表示
« 早春 | HOME | 油山苑 1 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。