スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

「ホンコワ」

きょうのテレビ番組欄に「世界の恐怖映像・・」とあるのを見て、
私の不思議体験を思い出しました。

これは本当にあった怖い話です、略して「ホンコワ」。
決して、夜寝る前に読まないでください。
子供のころ、銭湯からの帰り道、空き地の低い空中を、
「火の玉」が飛ぶのを見ました、中心が黒くて周りは透き通った青でした。
追いかけましたが、ふ~っと遠くへ飛んでいってしまいました。

5年生のとき父が亡くなりました。
葬儀も済んで一週間後、雑踏の中に父の後姿が見えました。
私を振り返って、寂しそうに雑踏に消えていきました。
それからも2,3度、そんな風に父を見ました。

20年くらい前です、季節は忘れましたが、
気持ちのいい昼下がり、昼寝をしていました。
すっと目が開いて、あ~よく寝た~と起き上がろうとしたら、
体が動きません!天井が見えています、周りの壁もふすまも見えます。
・・これが金縛り?・・
手足の感覚を確かめると、熟睡しているもののように動きません、
長い時間ではなかったけれど、確かな事です。
決して寝ぼけたのではありません。

7年前、長生きした猫の「○ーちゃん」が亡くなりました。
私が部屋の中を歩くと、黒い影が足元にからみつくように、
すーっと通り過ぎます。
また、シャワーを浴びていると、「にゃーにゃー」と聞こえます。

生きているときの「○ーちゃん」は、よく部屋の隅を凝視していました。
見ると何もないのに、威嚇するようにじーっと見ているのです。
「○ーちゃん、なんかいるの?」と聴くと
『ふーっ、ふーっ』と、鼻にたて皴を寄せて怒っています。

これは最近のことです。
私は4人姉妹です、久しぶりに皆で食事旅行をしました。
そのとき、ホテルの方にデジカメで全員の写真を撮ってもらいました。
3番目の妹が「私が写真を撮ってもらうと、必ず『オーブ』が写るの」
まさか!帰ってからPCに取り込み、画像を拡大していくと!!!
ありました!!!妹の腰のあたりに、ガラス玉みたいな透き通った球が!!!


日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2008/03/01 22:52
コメント
米良さんは『千の風になって』はあまり好きではない、と言われてましたね。「お墓を守って故人に想いを寄せることが大事な供養である」というような考えだったように思います。
お墓を守る事はもちろん忘れてはならないのでしょうが、亡くなった命がそばにいると思えることも時には大事ではないでしょうか?
「そばにいて守っていてね」と思う"魂"を感じる瞬間は『怖い』事ではないですよ。それだけその"魂"と心が通じていた証ではないでしょうか・?
りえさん
りえさん

そう、お墓参りは大事ですが「そこにいる」気がしないんですよね、いつも感じてあげることが供養だと思っています。それに大好きだった人や「みーちゃん」の幽霊なら喜んで会いたいですね。

「オーブ」が見える妹の2人の息子は、夢で私の父「祖父」と話したそうです。目覚めてから妹に「おじいちゃんはこんな人だった?とかあんな事があった?」と聞かれた事が、全部あっていて驚いたそうです。それから妹一家は毎月父の墓参りに行っています(夢で父にちゃんと供養してくれといわれたそうです)・・墓参りに来て欲しい故人もいます(苦笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。