スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

郡愛子と米良美一の・・

めずらしく渋滞に巻き込まれ、遅れを取り戻すこともできないまま1時間遅れで東京駅に着きました。和光駅に降り立ったときには開演時間過ぎていてタクシーにそれを告げると、わき道を縫って走ってくれホールの玄関に横付けしてくれました。案内されて会場に入ると・・ま!米良さんが例の割烹着姿で郡さんとトークの最中でした。まだ1曲歌い終わったところだったそうです。良かった~~~♪


~郡愛子と米良美一による愛に満ちたコンサート~
 ママッチ!?メラッチ!?のナンデモアリア


2010年3月6日(土)
和光市民文化センター サンアゼリア大ホール
■開演:15:00 
長町順史(ピアノ)


《プログラム》

merattimamattipuroguram.jpg



演奏の感想と言うものは聴く人によってまったく違うな!と感じました。
それは今日の長町さんの♪さくら、さくらを聴いて思いました。

桜の季節には何かと記念になる出来事が多いように思います。
新学期の門をくぐったときに見上げた桜もあれば
旅立ちの切ない別れの桜もあるでしょう!

今日の桜はこれから開いてゆく初々しい桜も見えました。
風に吹かれて激しく花吹雪の桜もあり、
川面を埋め尽くすように漂う桜も見事です。

しかも!同じ年の桜ばかりではなく
私の思い出の中の懐かしいものもあって
毎年愛でてきた桜とともに重ねてきた人生も見えました。
ど~~ん!と胸に響く花の嵐でありました。


ママッチはメゾソプラノを存分に聞かせてくれて♪
さすが、数々の演奏に引っ張りだこだった方の歌唱だと思いました。
また衣装でも魅せていただきました。
すべてロングドレスでしたがどれもあでやかで上品でしたね~~~♪
うすいブルーグリーンノ「ジュディ・オング」のようなのがとくにお似合い。


♪愛の賛歌
これはフランス語の原詩を美輪明宏さんが作詞されたものを歌われました。
どおりで少し美輪さんが入っていましたね(笑)
力強くてとても良かった!


愛の賛歌(6:05) HYMNE A L'AMOUR

美輪明宏・セリフ歌詞訳詩/E.Piaf  M.Mount・作曲/池多孝春・編曲

高く青い空かが頭の上に落ちてきたって この大地が割れてひっくり返ったって
世界中のどんな重要な出来事だって どうってこたぁありゃしない
あなたのこの愛の前には 朝日が目覚めたときあなたの温かい掌の下で
あたしの体が愛にふるえている 毎朝が愛に満たされている
あたしにはそれだけで充分

もしあんたが望むんだったら この金髪だって染めるわ
もしあんたが望むんだったら どんな宝物だってお月様だって盗みにいくわ
もしあんたが望むんだったら 愛する祖国も友達もみんな裏切ってみせるわ
もしあんたが望むんだったら 人々に笑われたってあたしは平気
どんな恥ずかしいことだってやってのけるわ

そしてやがて時が訪れて 死があたしから
あんたを引き裂いたといってもそれも平気よ だってあたしも必ず死ぬんですもの
そして死んだ後でも二人は手に手を取って あのどこまでもどこまでも広がる真っ青な空 の
青の中に座って永遠の愛を誓い合うのよ
なんの問題もないあの広々としたあの空の中で そして神様もそういうあたし達を
永遠に祝福して下さるでしょう

(美輪明宏と江原啓之のスピリチュアルBOOK HPより)










米良美一コンサート | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/03/06 23:58
コメント
ありがとうございました
長いコンサートでしたが、温かい雰囲気であっという間に終わった感じがします。実に盛りだくさんでしたね(笑)正直ピアノは大変でした。自分自身本番が一番いい流れで進んだように思います。お客さまも含め、みんなで1つの空間を作り上げた時間でした。「さくらさくら」では雅な春を演出出来れば…と思い選曲してみました。いろんな感じ方で聴いていただけたようで良かったです。
こんにちは
お帰りなさいませ(^ー^* )
Jun2様のお後で恐縮しつつもプログラムにある曲名から、世界中を音楽で旅行できそうな妄想に駆られコメントします。
Jun2さんのピアノソロも一度聴かせていただきましたので、お姿と共に音色も感じられて郡さんのメゾソプラノは想像しつつ一体感ある愛に満ちたコンサートを一緒に楽しませていただいて居ります。米良さんフィールドはどこまで広がるのでしょう。
さくらさくら♪日本古謡もとっても聴きくなりました。

二曲目から聴かれて良かったですね。
実は私は(今何かと話題な)遅刻したのは米良さんのコンサートで一回だけありまして。オペラシティでした(x_x) またいつかブログへ書きます(笑)
takako.
Jun2(長町)さん
素敵な演奏をありがとうございました。
いやあ~~長かったですね!(笑)
でも会場のお客様も大満足のようでしたよ。
これだけの歌を伴奏するのもさぞかし大変なことだったと思いました。
とくに♪米良節を伴奏するのは・・(笑)
♪さくらさくら
まことに勝手な解釈で楽しませていただきました。
じんわり心に響いて泣きそうになりました。雅で晴れやかな桜でした♪
ただいま~~
takakoさん
途中で腹をくくって半分あきらめかけていました(涙)
これからは回数を減らして安全な新幹線にしようかと本気で考えましたが・・やはり魅力的なコンサートがあると出かけずにいられませんね。なのでやっぱりキラキラは捨てがたいです(笑)

takakoさんの貴重な?体験談も楽しみにしています♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。