スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

Via Crucis買いました

5099960710703.jpg



cd 003benntou



Via Crucis [CD+DVD]<期間限定盤>←全部試聴できます。

届きました。3月には発売されていたようですが・・
しっかりした装丁のブックレットの表と裏の表紙の内側にCDとDVDが入っています。
あまりにもきっちり入っているので取り出すのが恐ろしかったです。

昨年来日したときに一緒に来てくれた「プルハール、ラルペッジャータ」との共演です。
心地よい楽器とソプラノとCTの演奏に酔いしれました。
???これ聞いたことがある!!不覚にもしばらくたって気が付きました。
何十回も聞いているはずの「聖母マリアの子守唄」(喜びの歌♪が流れます)なんです!!(Hor ch'è tempo di dormire)
よ~く聴いて見ると「シャコンヌ」も!!(Ciaccona)

ここでアンサンブル・エクレシアの「聖母マリアの子守唄」を再生♪
そして聞き比べ~~~♪いや~~んどうして気が付かなかったの~~~!?
時代が同じものですものかぶって当たり前ですよね。

クラシックってこういうところがいいですね~~
初めてでも知ってる歌があると聴きやすいですね~~
波多野さんのソプラノ(このときは)とヌリアさんのソプラノ聞き比べ~~
この歌大好きなんです♪

DVDはまたゆっくり見ます♪










音楽鑑賞 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2010/04/30 22:39
コメント
teorinoって
今ごろのコメントですが。VIA CRUCISはヘビロテに
ならないと思いましたがじわーっとした癒し力で結局毎日聞いています。

とりわけ最後の曲、Vincenzo Capezzutoの歌不思議な魅力です。teorinoの彼は舞踊家でもありL’ARPEGGIATAの演奏に合わせ踊る姿をヴィデオクリップでみました。

母に聞かせたところじっと聞き入って「踊りの曲?」
。85歳の音楽的な勘に驚きました。
初コメありがとうございます。
poporiさん、オソレス大歓迎!

このCDに関しては同じ感想です。
初めてかけたときは楽器の演奏に心奪われました。
あ、いいじゃない!!と。
でもサラッと聴いてジャルスキーが少ないじゃん!!と不満が(笑)
でも繰り返し聴いているうちに(元は採らないという根性です)どれも良くなってきました。
じわーっとした癒し力>そのとおりです♪聞き飽きないですね♪

最後の・・あ、これ聞き流していたかもです。短いですね。
popori さんのお母さんの感性は本物かもね。
お母さんその後いかがですか?

No title
母のこと気にかけて頂きありがとうございます。
今週の中ごろ母の一回目の治療が始まり私も少し忙しくなります。

noripさん、このところアンテナにひっかかっている歌があるんです。
Xavier Montsalvatgeの
cancion de cuna para dormir a un negritoですが

おととしのジャルスキー日本公演のアンコールの
一曲ですのでお聞きになっていますね。
揺蕩ような雰囲気でジャルスキーのエテーリアルな声質に合った曲です。
popori さん
http://www.youtube.com/watch?v=gmJ_KgljikM ですか?
1曲目は親しみやすい歌だな~というくらいの記憶はありますが
これは覚えていないです(涙)
きっとpoporiさんはお母さんの寝顔を見ていらっしゃるからでしょうね。
優しい歌ですね。
ところでエテーリアルな声質って?(アセ)

お母さんのお大事にね。
猛暑の前に落ち着かれるといいですね。
No title
エテーリアルorエーテリアル?
語源はエーテルからでお解かりのように非常に繊細で霧のように漂う感じかな。とりいそぎ。
理解できました~~♪
poporiさん

ありがとうございますよく分かりました~~♪

『Stabat Mater & Motets to the Virgin Mary』
ジャケット写真を変えての再販ですが買うつもりです。
既にお持ちですよね。
今なら送料も無料です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。