スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

東京オペラシティ

sinjyuku 004

sinjyuku 013


2011年5月4日(水) 


東京オペラシティコンサートホール
クラブツーリズム貸切公演
米良美一 心のうたコンサート

■開演:13:30

しあわせの窓(中田喜直)
君を愛す(H.Cアンデルセン詞)
彼はひそかに隠れるように行く

アラベスク第一番 ピアノ独奏

聖なる都
アメイジンググレイス
この重荷を降ろしたら
アシタカセッキ~もののけ姫

《休憩》

サッちゃん
ぞうさん
夏は来ぬ

ひまわり娘 ピアノ独奏

四季の歌
カスバの女
星の流れに
赤いハンカチ
寒い朝
小さな部屋で
見上げてごらん夜の星を

《アンコール》

遠くへ行きたい
よいとまけ





愛知の有力紙の紙面を開けば必ず目にする
少々高級な旅の情報広告「クラブツーリズム」
その顧客を対象にした貸切公演でした。
米良組としてチケットを入手できたのはうれしいことです。

「米良美一」を楽しみに来たお客さまが大多数!
彼をはじめて知った私がそうだったように
クラシックを聴きにこられたわけじゃないと思いました(笑)

オペラアリアなどは静かな反応だったのに比べ
後半の日本歌曲、昭和歌謡は受けましたね~
「よいとまけ」などはお祭騒ぎのような拍手喝さい!

武満メモリアルと冠したコンサートホールで
違和感なく「金太郎」でいられたようです。
クマに乗ってこられたらどうしよう!と思っていたけど
マサカリかついで徒歩だったのでホッとしました(笑)

米良さんのように有名になってしまわれると
クラシックだけのファンの他に米良さんファンが多いので
プログラムには苦労されるのでしょうね。

ハバネラを伴奏に効かせた「カスバの女」
米良美一の世界を短い時間で凝縮して魅せてくれました。
昭和歌謡は私にさえ古いけれど、独特のこうした表現で
「今」に新しい歌曲に生まれ変わります。

アンコールは「クラブツーリズム」さんに敬意を表して
「遠くへ行きたい」でした。
みなさ~んどんどんお出かけしてくださいね~(米良さん)
行きま~~~~す(私)調子に乗って大声出しちゃった~W

そうそう生まれて初めて「ブラヴォー!」を2連発も。
いつもお堅い私をもさえもはしゃがせる雰囲気でしたね。
『楽しんでくださっていることがよく分かりましたよ』
と、言われてしまいました~~~アセ


sinjyuku 006


sinjyuku 008





ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆




米良美一コンサート | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/05/08 07:30
コメント
復活おめでとう!
矢張りPCが無いと不便ですね
ありがとう!
今回はびっくりしました。
恐ろしい文字列が次々と~~~v-12
まあ、この後何事もなければいいのですが・・
まずはパスワード変えようと思っています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。