スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

バッハ・カンタータ 二人

カウンターテナーのアンドレアス・ショルが2011年1月にフランスで録音したCDを聞いている。実は彼のCDを買ったのはこれが初めて!去年の3月に来日した時のリサイタルの様子を偶然TVで聞いてからいいな~と思っていた。いつも訪問だけしている彼のファンブログでこのCD情報を知り取り寄せてみた。1967年11月10日ドイツキートリッヒに生まれというからすでに44歳になろうとしている。声は十分出ているし落ち着いた雰囲気がとても心地よい。これは数年前と思うが・・・ショルです。


バッハ・カンタータは米良さんも歌われているのを思い出し。これも久しぶりに聞いてみた。27歳くらいだろうか?これはとてもよい!もう他と比べようもないし・・・Wしかし、バッハ・カンタータは世俗的なものを含めると恐ろしく多い。宗教家ではないし、無宗教だが「歌」として鑑賞できる♪・・・・米良さんです。



ランキングに参加していま~す☆
クリックよろしくお願いしま~す☆



音楽鑑賞 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/11/02 00:22
コメント
カンタータ好き
米良さんのその録音大好きです。
ああ、昭和歌謡も良いのですがカンタータを歌ってもらいたいです。
そして「マタイ受難曲」も。
ショルのカンタータは初めて聴きますが良いですね。

カンタータ、たくさんありすぎて全部聴けてないですが(全曲制覇している人はすごいと思います。)、その時の気分によっていろいろな聴き方をしています。有名なアリアだけ取り出して聴いたり、シンフォニア(前奏曲みたいなもので多くはバッハの協奏曲に使われている。)ばかり聴いたり。
いいですよね~♪
Ceciliaさん

ショルのを手に入れてからすでに1週間以上たったと思いますが毎日交互に聞き比べしています。若い米良さんと、お年頃のショル。それぞれに言い尽くせないよさがありますよね。

カンタータって番号順に聞くのがいいのかどうかさえ分かりませんし、訳詞を探しながらなのでまだまだ研究中!WW いろいろに楽しめばいいのでしょうね♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。