スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

佐渡裕指揮シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2012 in 愛知

夏休みを満喫しているnoripです。昨日は待ちに待った佐渡さんのコンサートに出かけてきました。相変わらず名古屋市内は暑い!でも前日の雨で空気はさわやかです。チケット取り置きしている電気会館にもよってついでに会員になってきました。その場で20%引いてもらえて得しちゃいました☆ごひいきにさせていただきますね。


佐渡裕指揮シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2012 in 愛知

会場: 愛知県芸術劇場コンサートホール (愛知県)
公演日時: 2012年08月12日(日) START 15:00

出演者:

指揮:佐渡裕
演奏:シエナ・ウインド・オーケストラ
公演内容:

<演奏予定曲目>
J.オリヴァドゥティ:序曲「バラの謝肉祭」
P.グレインジャー:組曲「リンカンシャーの花束」
音楽のおもちゃ箱~佐渡裕のトークと音楽~
福田洋介:さくらのうた
R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」組曲


初夏のころに小澤征爾指揮のベルリオーズ作曲「幻想交響曲」のDVDを借りたが、その記念すべき初期の録音のときに楽屋に後に師事する佐渡裕と、バーンスタインが来ていたと解説にあった。演奏は驚くほど上品で透明感があって感動しながら聴いた。

佐渡さんは、小さな町の片隅のおばちゃんが毎回「題名の無い音楽会」を楽しみにしていることなど知らない。舞台に登場した姿にミーハーな部分を満足させつつ、その指揮ぶりにわくわくしながら注目した。小さなこぶしを胸に当てて伝えている。つぎには大きくタクトを横に振りぬき力強い表現を引き出す。見とれますね~~~♪





うわさで「タルカス」を演ると聞いていたが期待通りでその迫力にたまげた!最後のほうを抜粋した演奏だったが全曲ここで聞いたらすごいだろうな~♪あ、良かったらCDがありますのでどうぞ~と佐渡さんW(動画はフルオケだがシエナは吹奏楽なのでもっと迫力があるように思う)

そして、これは恒例みたいだが「マンボ」。佐渡さんはじめ全員マンボのコスチューム☆Wあの♪ウ~~~~ウッの部分をマイク片手に佐渡さんとダンサーが客席に走る!『男の声なんか聞きたくないからね~』。若い女性にマイクを向けると『♪ウ~~~~ウッ』りっぱな掛け声に大拍手~♪次は高齢の奥様にお願いできますか?と軽く確認。小さく首を立てにうなづいた。前奏が止むと『♪ウ~~~~ウッ』!!まあ~これまた立派な!WWさすが佐渡さんのコンサートですね。



あ~楽しいな~♪






そしてそしてこれも恒例みたいだが「スーザの行進」のとき佐渡さんが『楽器持ってきてる人いますか?』・・って。そんな人いるのかな?!!すると私の向かいの客席の兄ちゃんがトロンボーンを組み立て始めた!大きなバッグを持った人たちがぞろぞろ舞台にやってくる。手にした楽器はさまざま。楽団は1.5倍ぐらいに増えたW

そして私たちも佐渡さんに指揮されながら手拍子で参加♪
あ~楽しい!これウィーン・ニューイヤーコンサートを思いだす。
一人できたのがもったいなかった!みんなを誘えばよかったね~~~~☆








米良さん以外のコンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/13 06:55
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。