スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

サンドリーヌ・ピオー ~夢のあとに~

005.jpg

予約しておいたDecoにて。
名古屋市東区東桜2-17-49
定休日月曜(052-933-9388)

Aランチ・\2100
グラスワイン・¥840

あら少し酔ってしまったわ♪


007.jpg


休日の雑踏の中をそぞろ歩きながらホールへ。
この近くのナディアパークでオープンコンサートを楽しむつもりが
ちょうど最後のひと弾きが終わったところ。残念、チェロだったのに・・。




さて、本日のメインイベント!

サンドリーヌ・ピオー
~夢のあとに~

友人が紹介していたのでyoutubeで試聴したところ
その歌声に聞きほれてしまってチケットを購入した。

ソプラノは甲高くなくとてもやわらかい美しい調べで
音に乗せて詩の世界を表現してくれる。
愛の世界に引き込まれたわ♪

聞き手の息がみなぴったりでマナーも文句なし!
お席はほぼ満席でさすが主催公演だからなのか?
彼女の名声がすでに音楽好きの間ではとどろいているのか?
どちらにしてもなにもかも調和して心から歌に惹かれた夜だった。

012.jpg  

カメラを向けると親しみやすい笑顔でサービス満点!
この日のプロの入っているCDを購入。
もちろんサインつき☆

《プログラム》

フォーレ(1845 - 1924):
川のほとりで Op.8-1
月の光 Op.46-2
ゆりかご Op.23-1
夢のあとに Op.7-1
メンデルスゾーン(1809 - 1847):
夜の歌 Op.71-6
新しい恋 Op.19a-4
眠れぬ瞳のともしび
魔女の歌、もうひとつの五月の歌 Op.8-8
ショーソン(1855 – 1899):
過ぎ去りし愛 Op.8-2
魅惑と魔法の森で Op.36-2
時間 Op.27-1
R. シュトラウス(1864 – 1949):
明日 Op.27-4
秘めごと Op.17-3
夜 Op.10-3
セレナーデ Op.17-2


********** 休憩 **********

ヴァンサン・ブーショ(b.1966 - ):
絞首台の歌 
月での出来事
カワカマス
真夜中のねずみ

絞首台の子供の子守歌
プーランク(1899 - 1963):
モンパルナス
ハイドパーク
ルイ・アラゴンの2つの詩 セーの橋
/華やかな宴
ブリテン(1913 - 1976):
サリーの園
なぐさめる人もなく
彷徨いつつ思う



008.jpg

《アンコール》



《お知らせ》
興味のある方。または、
チケットが完売でいけなかった方へ朗報です。

BSプレミアム・10月26日(金)午前6時00分~6時55分
クラシック倶楽部 サンドリーヌ・ピオー ソプラノ・リサイタル
<曲目>
詳細未定

<出演>
サンドリーヌ・ピオー(ソプラノ)
スーザン・マノフ (ピアノ)

収録:2012年9月20日(木)
王子ホール



音楽鑑賞 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/09/24 06:31
コメント
こんばんわ~
こんばんわ~

美味しいお料理に、心が洗われる様な歌声。
おすそ分けありがとうw
素敵な一日でしたね!

初めて聴きましたが、好きなお声です。
米良さんはもう歌われないのかしら、クラシック。
言うまいと思いつつ、やっぱり恋しい。
特に「いいな」と感じる声に出会うと。
米良さんだったらどんなふうに歌うかしら?って・・・。

コメント、ありがとうございます~(^^)/
うっとりしました♪
やっぱりこういうの好きですね~♪

米良さんのの表現力を持ってすれば
どんなにか素晴らしい歌になるのか?!
私には容易に想像できます☆
特に後半のプロ
詩に込めたメッセージ性は
米良さんならではの妖かしの世界が見られそうです。
たとえば、とうりゃんせのような・・・
あ~~~聴きたいな~~~~

ところでHNけめこにされては?W
私は白寿ホール(東京)で聞きました。
こんにちは、私は白寿ホール(東京・代々木)でこのコンビのリサイタルを聞きました。今年のベストワンを競うコンサートだったと思います。フォーレ、R・シュトラウス、ブリテンが特に気に入りました。私もYouTubeで聞いてからこれは聞かねばと思い、王子ホールをあたったら売り切れ、がっかりしていたら追加発売があり、代々木のコンサートに行くことができました。凄く素敵で圧倒されました。
素晴らしかったですね!
siegfriedkarinさま

コメントありがとうございます。
追加公演があって幸運でしたね。
どちらのホールもキャパは同じくらいだし
白寿ホールは行ったことがありますが大好きなホールです。

ブリテンの最後の歌知らずに涙がこぼれました。
どれも良かったのですが、ヴァンサン・ブーショが
林光の四つの子供の歌を思い出させて
詩の奥に潜むものをうまく表現しているようでしたね。

今回のコンサートは会場の雰囲気も極上で
きっと白寿も同様だったと思います。
私たち素晴らしいものに立ち会えて幸せでした☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。