スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

関ヶ原ふれあいホール

11月18日(日)
米良美一コンサート
関ヶ原ふれあいホール
ピアノ:北原葉子

004.jpg


001_20121121003701.jpg

見え始めはこんなんでした。


雨上がりの朝、どうやら青空が望めそうな一日。
関ヶ原駅の近くに来ると雪をかぶった伊吹山が見える。
駅に到着すると山の向こうに隠れてしまうのでここが絶好のロケーション!
残念ながら写真ではわからないが低く大きな虹が出ている。

何かいいことありそう!

『え?!虹を見るといいことがあるんですか?!!』
あ、それは聞いた事はないですがいいことありますよきっと!
向かい合わせた年配のご夫婦はお葬式帰りだそうで熊本へ帰るところ。
じつは九州の宮崎出身の米良さんのコンサートへ今から行くんですよ。
『知っていますよ。きれいな声の方ですね~~』


おそらく私たちが一番乗り!と思ったら会館の玄関に先客が!!
なんとワンちゃんがちょこんと座ってる~~W
並んでるよ~どうする?まさかね~と大笑いWW

厚着をしていったのだけど(この日の最高気温、予報では12℃)
会場側の配慮でフロアーに並べるようになっていて助かりました。
ホールを誰かが出入りするたびほのかに聞こえるリハの声♪
あ~シェルブールの雨傘♪がぐるぐるしてる~~~☆
有意義で実り多い待ち時間をすごしW
いよいよ開場。早かったわW


客席数は約500人の、舞台との距離感も親密な居心地の良いホール

プログラムは今までと大差は無く
世界一周80日間のたびのピアノソロから始まって
シェルブールの雨傘をしっとり…でも日本語だったのか?
フランス語だったのか?よく思い出せません(アセ)
日進でしっかり確認してきます!!!



youtubeでこの映画を見ていたらデュエットになっています。
カトリーヌドヌーブが可愛くてつい聞きほれました。
ストーリーを見たら切ないですね~これが本当の愛でしょうか?

まあこんな調子で前半終了し短い休憩を挟んで後半へ突入!
休憩直前のMCでもさりげなくCDのお勧めを忘れませんW
たくさん売れたかな~~~?W

さて!後半

昭和歌謡がなんだか米良さんの真骨頂のような気がしてきたのはなぜ?
場末の歌姫が真っ赤な口紅をさし妖艶なチャイナで出てくると
ステージが一気に華やいで待ってました~と掛け声さえかかりそう
思わずきれい~~と声をかけるとスリットの端をつまんで微笑んでくれた☆

コンサートや講演TVと忙しいにもかかわらず
声がとても滑らかで疲れを感じさせないのに驚いた!
しかも必ずしっかりリハもされてるし!
米良さんすごいな~♪

☆でまち☆

時間が限られていたのでゆっくりお話はできなかったけれど
精力的にでまちもこなし皆さんと満遍なく握手を交わし
手のひらの残り香に大騒ぎの私たちでしたW
最後はみんなで投げキッスをしたらWW
車の中から返してくれました~☆


うれしたのしい食事会

駅から少し離れたドライブインのようなお店で
総勢7人でわいわいがやがや食べました!
共通項は歌が好き!同志~~W

クラシック歌手やのに演歌うまいな~とか
色々話題は脱線していっても米良さんに戻りW
話は尽きないけれど電車の時間のいいところでお開きに。

皆さんまたお付き合いくださいね。
ありがとうございました!


ご一緒したCeciliaさんも詳しく書かれています。





米良美一コンサート | コメント(9) | トラックバック(1) | 2012/11/21 00:19
コメント
楽しかったですね~
私が書いてないことをたくさん書いてくださってありがとうございます。
心からくつろぐことのできた良いコンサートだったと思います。
さっきメールであるブログ友の方に米良さんの「アリアンナの嘆き」の宣伝をしてしまいました。あの中の曲の話題をしていたので。
その曲も随分いろいろな演奏を聴いてきましたが、やっぱり米良さんが一番なのです。(ファンだからそう思うわけではないです。)宣伝が地味なので国内でもほそぼそとしか売れていないかもしれませんが、古楽好きには必聴のCDだと思っています。
最近のコンサートでは古楽ではなく昭和歌謡の米良さんですが、どんなスタイルの音楽も自分のものにしてしまう才能、それも単に器用というレヴェルではないというのが素晴らしいですね。
フランス語
「シェルブールの雨傘」はフランス語でしたよ。
「黒猫のタンゴ」はイタリア語~日本語~イタリア語でした。
Ceciliaさん
お疲れ様でした!楽しかったですね~~♪
音楽的なことは苦手ですがミーハーな記事はお任せくださいW
一部がプロローグなら
二部は本編というところでしょうか?!
皆さん盛り上がっていましたよね!それと感涙☆

アリアンナの嘆き♪聴けば聴くほど素晴らしい~!

フランス語>ありがとうございます!
「シェルブールの雨傘」次回要チェック!

楽しそう!!
レポートありがとうございます!!

米良さん、とても調子も良さそうでよかった♪

「真骨頂」、私もそう思いたい~~~W
けめこさん
なんだかね~~昭和歌謡が盛り上がるのよW
米良さんの思い入れの強さもあるでしょうが
お客様も喜んでいらっしゃるし~~
これだけ気持ちをつかむってすごいな~と
感心しました☆

過密なスケジュールなのにほんと!お元気!!W
No title
昭和歌謡が盛り上がるのは解りますよね(笑)
メ~ラのお考えがあっての事でしょうW

これだけ夢中になったアーティストは、多分後にも先にも米良さんだけ。
命尽きるまで見届けるわWWW

あ、虹すぐ分かりましたよ~♪
虹、私も「いい事がある」って信じてます!!


で・ま・ち
その「でまち」の様子が気になります。

もう当然、お馴染みさんだから。

双方のお時間が許すときは

結構話込んだりですか?
けめこさん

ありがとうございます!
いいことありますよね~~~☆
私などいつも拝みたくなりますW

なんのかのと言っても米良さんは素晴らしい!
芸能人(表現者)で初めて夢中になった人だもの☆
私も時間を作って追いかけますよ~~♪
ルゴサさん
「でまち」

他のアーティストはどうなのかわかりませんが、
米良さんの場合はおなじみさんだけでなく
地元の人たちも多くてにぎやかですよW
もちろん時間が許せばじっくりお話できます。
ただみんな話したいのでそこはKYで・・W


管理者のみに表示
トラックバック
11月18日(日)米良美一コンサート関ヶ原ふれあいホールピアノ:北原葉子見え始めはこんなんでした。雨上

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。